<はじめての方へ>

一鍼 鍼灸【経絡治療】

体に負担をかけることなく安全で、本来持っている全身の治癒力を最大限に高める鍼灸【経絡治療】

 

 東洋医学では、身体に血気の流れる道(経絡)があり、その流れと働きが不調になることによって治ろうとする力(自己治癒力)が低下し、病が引き起こされると考えられています。
 

 本となっている部分に治療を行い、不調になった血液の流れと働き(経絡の歪み)を改善するのが、当院が行う鍼灸【経絡治療】です。経絡治療は、日本の伝統的な鍼灸治療です。

 経絡は、身体に361個点在しているツボを結ぶ流れの道筋のことです。経絡を線路とすると、ツボは駅になります。そして、この線路を走る電車が血気です。血気とは酸素と栄養素を身体の隅々まで配給する血液とその働きを言います。

 全身の血気の流れる状態を判断し(脈診)、その時その人に必要である全身のツボ(主に手足や背中)に鍼や灸を施し、優しい適正な刺激を行います。
 身体の内側に優しい刺激を与え全身を調整することによって、身体の持つ本来の自己治癒力を高めることを手助けしていきます。

 

 生活環境、食事、ストレスなど、お一人お一人の体質や状態に合わせて、血液の流れと働きを良くすることによって、脳や内臓の働きを促し、自律神経系の調整、免疫系の向上、内分泌系の賦活を図りバランスを調整し、回復力が十分発揮できるようにサポートします。

 

  また、心理社会的因子が、症状の原因となっている場合では、心と身体の両面から整えることによって、「心身一如」としての本当の健康につながるようサポートします。

 


治療の流れ

(1)初診時

 初診時に現在最もつらい症状、いつから始まりどのような状態にあるか、その他の症状、これまでにかかったことがある病気や怪我、どこかで検査や治療は受けたかどうか、現在服用中の薬、飲食、睡眠、生活・仕事環境など、治療の上で必要なお話をしっかりとお聴きしていきます。

 

(2)脈診

 両手首にある動脈の流れから十二経絡の歪みを判断します。脈を判断する場所が12箇所あり、すべての経絡が均等に流れている状態が、身体の自己治癒力が最も発揮されるコンディションになります。

 変調をきたしている1つ1つの経絡を特定し、それに随ったツボを選び鍼灸を施します。

 そして、鍼灸後に脈の状態を診て対象とした経絡の流れの変化を確認していきます。

 

(3)鍼治療

 ツボは皮膚の浅いところにあり、鍼の太さは髪の毛ほど、刺入の深さは2〜5mmで、痛みのない鍼は、赤ちゃんからご年配の方まで安心して受けることができます。また、浅い鍼は体への負担が少なく、気胸や神経損傷などのリスクのない体に優しい鍼治療です。

 鍼は、安全で衛生的なエチレンオキサイドガス滅菌済の使い捨て鍼を使用しています。

 

 脈診によって異常を確認した経絡を整えていきます。血液の流れは、滞りがあったり、弱くて量が少ないと身体に変調が現れます。適切な流れへとコントロールしその働きを高めるため、変調をきたしている経絡上のツボに、鍼で優しい刺激を与えます。また、経絡は体内の脳や臓器と関係しており、脳や臓器の働きを活性化します。

 身体を木の幹に例えると、経絡は枝、ツボは葉に相当します。葉が本来の役割を果たせば、枝を通して幹自身を強くできる。これが経絡の基本的な考えです。

 

(4)灸治療

 灸治療は、天然もぐさを半米粒大に小さくひねって行う伝統的な透熱灸を使用します。鍼治療の効果を高める目的があり、熱すぎたり火傷しないように優しい刺激で灸治療を行います。

 血液の流れが盛んになり、赤血球や白血球が増え、リンパ球の働きが促進され、体が温まり免疫力の向上につながります。

 特に低体温の方は、病気にかかりやすい状態になりますので、丈夫な体づくりに役立てていただけます。

 

(5)皮内鍼・円皮鍼

 皮内鍼は、3mmの長さで、皮膚と平行に、1~2mmほど皮下に刺入してテープで固定します。

 円皮鍼は、長さが0.3~1.5mmの画鋲のような形の鍼で、皮膚に垂直に刺入してテープで固定します。

 皮内鍼も円皮鍼も、痛みはほとんどなく、鍼があることを忘れてしまうほどで、継続的な刺激が必要な場合や治療効果を持続させる目的で使用します。

 

(6)セルフケアアドバイス

 一鍼では、初診時に家庭でできるお灸をプレゼントしています。

治療効果を持続したい!

早く良くなりたい!

忙しくてなかなか治療院に来れない!

という方には、特にセルフケアでのお灸がオススメです。

 


病に負けない体づくり

 

 東洋医学は、症状だけを抑えるというより、体全体を元気にすることによって病を克服する体づくりこそ、最も大切にしています。

 

心と身体は一体

 

 心と身体の両面から整えることによって、「心身一如」としての本当の健康につながります。

 

4000年の経験医学

 

 鍼灸は、4000年以上にわたる経験医学であり、日本では、約1500年にわたり鍼灸が医療を支えてきた経緯があります。心と身体にとって自然で安全な鍼灸で、一緒に健康な体づくりを目指していきましょう!

 


★無料体験実施中!!鍼灸体験・健康相談コース★ 

☆受付中

★鍼が恐いと思っているあなたへ!

痛くない鍼を体験してみませんか?★

 

2018/6/26(火)・28(木)・30(土)

9:00~12:00

 

3日限り無料体験実施中!!

 

先着順で受付します

事前のご予約をおすすめします

 

 【鍼灸体験・健康相談コースの流れ】

 

①問診 東洋医学的に体の状態を知ろう!

         ↓

②鍼体験 ツボ1穴(左右で2ヶ所)

         ↓

③ホームケアお灸プレゼント(あなたに合わせたツボをお伝えします)

 

※使い捨て鍼のため感染症の心配は全くありません。

※トータルで所要時間約10分になります。

※あくまでも体験となりますので、治療ではありません。

※当院受診がはじめての方に限定。

 

≪はじめての方限定≫

  鍼灸体験・健康相談コース 通常 990 (税込,070) 

 


鍼灸適応疾患 【WHO(世界保健機関)】

 近年、科学的な根拠を求める研究が世界的に進められており、鍼灸治療が広く普及しています。WHO(世界保健機関)、NIH(米国国立衛生研究所)、BMA(英国医学会)によって鍼灸の有効性が認められており、これら欧米の動きから徐々に鍼灸への注目が広がっています。

 WHOは、鍼灸の有効性を認めた病気として、次のものを挙げています。

 

【神経系疾患】 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】 気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

※上記以外の症状でお困りの方も、お気軽にご相談ください。

 


ご来院時のお願い

■予約優先制となっておりますので、事前にご予約をお願いします。

 

■初診時には問診用紙を記入していただくため、10分前にお越しください。

  

■再来患者様は、ご予約の5分前にお越しください。

 

■食事や入浴、運動は治療前後30分以上空けてください。

   

■楽な服装でお越しください。当院では、お着替えをご用意しておりますが、お持ちいただく場合は、ももまで上げられるパンツと半袖のTシャツをご用意ください。

 

■キャンセルされる場合はご連絡をお願いします。

 


病院に通院されている方へ

 現在病院などで治療を受けられている方も、一鍼の治療との併行治療をおすすめいたします。
 一鍼の治療は体の負担が少なく自身の持つ治癒能力を高めていく東洋医学的治療です。
 病院での治療に良くない影響を与えるものではありませんので、安心してご来院ください。
 西洋医学に加えて体に優しい東洋医学を上手に取り入れて健康管理のために役立ててみてはいかがでしょうか。

 


患者さまの声 

ここでは一部をご紹介します。

もっと多くの患者さまの声は、サイトのトップページのバナーまたは、コチラ⇒「患者さまの声」をクリックしてご覧いただけます。

 

記入日 平成21年 3月 10日    

お名前 S 様 

性別  女性          

年齢  35歳

職業  主婦        

住所  愛知県名古屋市

(本人様より掲載許可をいただいております。)  

 Q1.いつからどのような状態でしたか?

28週ごろ逆子になり、病院で体操などを教えていただいていましたが、お腹が張ることが多かったため、体操はほとんどできませんでした。30週のときに治療を初めて治療を受けました。

 

Q2.どのような経過で変わってきましたか?

1回の治療ですぐに効果があり、次の検診に正常に戻っていることがわかりました。やはり体操などもしていなかったので、鍼灸の効果にビックリしていました!

 

Q3.一鍼に来て良かったことは?

その後の病院での検診でも特に問題もなく順調に育ち、元気な赤ちゃんを産むことができました。

現在も子どもが風邪、下痢、病後の回復期のときや、私の体質改善でお世話になっております。

 

 お子さんもお母さんも定期的に通っていただき、ありがとうございます。病気にならない身体作りが大切ですね。   院長

 


記入日 平成21年 5月 21日    

お名前 川村 真未 様 

性別  女性          

年齢  26歳

職業  カメラマン        

住所  北海道札幌市清田区  

(ご本人様より掲載許可をいただいております。) 

 


Q1.いつからどのような状態でしたか?

①ここ一週間、頭痛が激しく仕事中もボーっとして時々熱があるような感覚がありました。 また、寝不足で眠気がすごかったです。

②生理前で体がダルく、お腹がゴロゴロしていました。

Q2.どのような経過で変わってきましたか?

治療が始まってすぐ、呼吸が非常に楽になりました。足元からジワーっと体が温まり、肩が軽くなりました。治療が終わると、頭もスッキリして爽快になりました。お腹もスッキリして、ごはんがおいしく食べられそうです。

 

Q3.一鍼に来て良かったことは?

休日を楽しく過ごせそうです。新型インフルエンザも生理痛も冷え症も恐れず、元気に働けるのが嬉しいです。

 

 川村様、はるばる北海道から来院していただきありがとうございます。呼吸、肩、頭、お腹が楽になっていただけて嬉しく思います。ごはんはおいしく食べられましたでしょうか^0^

 お身体のケアと日頃の養生を大切にして、元気にいきましょう!!                       院長

 


記入日  09年10月13日

お名前  クニ 様

性別   男性

年齢

職業   無職

住所   名古屋市南区 

(ご本人様より掲載許可をいただいております。)


Q1.いつからどのような状態でしたか?

 '05年夏、転職してすぐの海外研修で風邪を引き、なかなか治らないまま研修を続けたら、気管支炎を発症。完全に良くならないまま2ヶ月程研修を続けた後に帰国。 1ヶ月程休養後、仕事を始めるが、12月に風邪を引く。慣れない環境と夜勤のストレスからか、なかなか治らず、再び気管支炎を発症。喘息症状も出るようになる。 療養の為、実家へ帰るが一向に良くならず、'06年2月に39℃の熱が出た為、病院へ行くと、好酸球性肺炎と診断された。 

Q2.どのような経過で変わってきましたか?

・微熱、咳、鼻水、喉の痛み→痰、寝汗、39℃熱。 

・現在は経口ステロイドでほとんどの症状はおさえているが、新たに右耳が好酸球性中耳炎になり、よく聞こえない。

Q3.一鍼に来て良かったことは?

・鍼を刺す時に、気付かない位痛みを感じない。     

・先生が、脈や筋肉の状態を丁寧に調べて治療してくれる。 

・安心して治療を任せられる

・治療後に体が軽くなり、リラックスできる        

・清潔感がある。                     

 クニ様、ありがとうございます。胃腸も弱く、体の力がかなり低下していらっしゃいますね。養生も気をつけてやられていることはすばらしいです。鍼灸では、ご自身の力があがるようにお手伝いをさせていただきます!!         院長


治療の流れが動画でご覧いただけます


ご予約優先 052-761-9780