一鍼 治療方針

当院の治療方針として、大きく三つの特徴があります。

 

「第一に全身治療であることです。」

 鍼灸には、器官別の診療科に分かれてはおりません。出ている症状はバランスが崩れた結果として現れているものであり、局所のみにとらわれることなく一つの体として全体のバランスを整えます。

 たとえ指先の痛みであっても、治るための力はその人の全身の力にあるので全身を治療します。全身の血液の流れと働きこそが、人体にとって最も大切な自己治癒力を活性化します。ですから、当院を訪れるきっかけとなった疾患にのみに効くだけでなく、同時に存在する様々な随伴症状にも総合的に効果が現れていく副効用が期待できることも鍼灸の良さの一つであります。例えば、肩こりの治療を受けているうちに、「夜よく眠れるようになった」 「体のだるさが無くなった」「便通が良くなった」「血圧が下がった」「むくみが減った」「冷えやのぼせが良くなった」等の声をよくお聴きします。

 

「第二に、一人一人に合わせたオンリーワン治療であることです。」

 一人一人の体質や症状は各々違います。同じ風邪でも症状や程度、罹りやすさなどは人それぞれです。その時のお体の状態に合わせて、微妙な刺激の調整をすることによって最も適切な治療を行います。

 また、一人一人に合わせた運動、保温、食事、休養、姿勢等の養生も必要であります。

 

「第三に、未病治を大事に考えております。」

 未病治とは、病気になってしまう前に体の調整をすることであり、約2000年前の中国の医学書「黄帝内経」にありますように東洋医学において未病治がとても大事であると古来より云われてきました。

 現代においてもいえることで、体がだるい、疲れがたまりやすい、手足が冷える、眠りが浅い、食欲がない、体調がすぐれないなどを放っておくことは体が発しているサインを見過ごしていることになり、良くありません。

 病院の検査では異常が見当たらず診断名がつかないようなものも鍼灸においてはケアができるのです。

 


<一鍼スタッフ紹介>

院長 児山 俊浩

Toshihiro Koyama

 

 

 

感謝の心を大切に、

日々向上することに努めております

 

鍼灸学修士

公益社団法人 全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

名古屋大学総合診療科統合ヘルスケアチーム

中部大学アクティブアゲインカレッジ 非常勤講師

<学歴・職歴>

2005年 中和医療専門学校卒業

2007年 経絡治療学会 「鍼灸経絡治療夏期大学研修科」修了

2008年 東洋医学総合はりきゅう治療院一鍼開院

2008年 日本中医薬連合会 遼寧中医薬大学附属病院臨床研修修了

2012年 名古屋大学大学院 医学系研究科統合医療研究協力(1年8か月)

2015年 公益財団法人 国際医療技術財団 「災害医療研修アドバンスコース」修了

2015年 中部大学アクティブアゲインカレッジ非常勤講師

2015年 一般社団法人 日本統合医療支援センター 「統合医療支援セミナー」修了

2017年 公益社団法人 日本鍼灸師会 専門領域研修 「スポーツ傷害」修了

2017年 明治国際医療大学大学院 鍼灸学研究科鍼灸学専攻鍼灸臨床医学分野修士課程修了

2018年 公益財団法人 国際医療技術財団・公益社団法人 日本鍼灸師会・公益財団法人 国際開発救援財団・ベトナム政府保健省伝統医学局・ベトナム国立鍼灸病院 「鍼灸医学ベトナム国際セミナー」修了

2018年 一般社団法人 愛知県鍼灸師会 「フィジカルアセスメント」講習修了

 

<著書・執筆>

世界へつなげたい経絡治療~反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の症例を通して~.経絡治療, 189: 15-18, 2012.

医療チームの一員としてケニアでの無料医療活動に参加.医道の日本, 73(4): 22-23, 2014.

Volunteering in Nepal: Case Study of a Hemiplegic Patient.North American Journal of Oriental Medicine,  24(69): 46-47 94-95, 2017.

多職種から頼られる存在となるために. 医道の日本, 76(7): 21, 2017.

 

<役職>

東洋医学総合はりきゅう治療院 一鍼 院長

名古屋大学総合診療科統合ヘルスケアチーム

公益社団法人 日本鍼灸師会 理事

 公衆衛生事業 国際委員会 委員長

 公衆衛生事業 広報普及IT委員会 副委員長

 法人管理事業 東京オリンピック・パラリンピック委員会 副委員長

一般社団法人 愛知県鍼灸師会 副会長

 組織部長

中部大学アクティブアゲインカレッジ非常勤講師

一般社団法人 日本スポーツトレーナー育成協会 副理事長

 

<資格>

はり師、きゅう師

鍼灸学修士

鍼灸教員資格

公益社団法人 全日本鍼灸学会 認定鍼灸師

国際中医師

登録販売者

介護予防運動指導員

 

<所属団体>

公益社団法人 日本鍼灸師会

一般社団法人 愛知県鍼灸師会

一般社団法人 日本東洋医学会

日本アンドロロジー学会

公益社団法人 全日本鍼灸学会

経絡治療学会

特定非営利活動法人アフリカ支援 アサンテ ナゴヤ

キネシオテーピング協会

 

受賞

2004年 学校法人葛谷学園中和医療専門学校 学術研究発表大会 

 論文「経絡治療によって精子は増えるのか?~あなたの精子は大丈夫?~」金賞受賞

2010年 一般社団法人 日本治療家連盟主催「第2回治療家甲子園」最優秀院受賞

 (全国の接骨院、鍼灸院、マッサージ院408院の中、1次選考、2次選考を経て、全国大会決勝にて優勝)

 

<鍼灸師を目指したきっかけ>

 母子家庭で4歳下の弟の父親代わりとして、病弱な母親を見て育ちました。母親を助けてあげられることができればという思いの中、ボディビルディングを通して鍼灸治療に出会ったのがきっかけでした。

 その後、多岐にわたる治療法を学ぶうちに、経絡治療の疾患に対する効果に感銘を受け、現在に渡り学び続けています。

 鍼灸師として駆け出しの頃、こんな出来事がありました。弟が薬を大量に誤飲し、意識不明の重体で救急センターに運び込まれました。担当医も一度はさじを投げましたが、弟を救いたい一心で経絡治療を試みたところ、足首の経穴への刺鍼がきっかけで意識が戻り、1ヶ月で社会復帰を果たしたのです。丁度そのころ、開院を考えていたが、鍼灸専門でやっていけるのかという迷いがありました。しかし、この一件で自ら進む道に確信が持てるようになりました。今でもあの時の出来事は、自分の中で大きな比重を占めています。

 「家族を守るように、患者様を守りたい」そんな思いが、今の日常を支えています。

 

<治療への思い>

 現在も、『東洋医学総合はりきゅう治療院 一鍼』は、先生、仲間、家族、そして、患者様に支えられて日々進歩しています。 皆様への感謝の気持ちを胸に、日々臨床に尽力させていただいております。

 これからも、来院された患者様とのご縁を大切にして、真心をこめた施術でサポートしてまいります。 そして、たくさんの「ありがとう」を言っていただけるように、明るく笑顔のある温かい鍼灸治療院を目指します。

 そして、診療とともに社会や業界に貢献ができるように使命感を持って努めていきます。

 

<プライベート紹介>

●家族構成

妻と子ども一人(男児)

●趣味

ボディビルディング

◆1999年 全日本学生ボディビルディング選手権大会 準優勝

◆2000年 全日本学生ボディビルディング選手権大会 腕の部 日本一受賞

◆ジムでのベンチプレスMAX202.5kg

◆2015年 愛知県クラシックボディビル選手権大会 175cm以下級 準優勝

 

半藤 花奈

Kana Hando

 

 




めげずぶれず

あきらめず

日々精進していきます

 

<資格>

はり師・きゅう師

 

<鍼灸師を目指したきっかけ>

 医療に興味を持ったのは高校2年の時でした。その当時、祖母が病気で入院していてその時に出会った作業療法士さんの熱心な姿を見たのが始まりでした。そこから、私も人のために役に立てる仕事がしたいと思い、鍼灸の道に進みたいと思いました。

 

<鍼灸師になって現在まで>

◆2015年 財団法人 東洋療法研修試験財団主催 厚生労働省認定「はり師」「きゅう師」国家資格取得。

◆2015年4月 東洋医学総合はりきゅう治療院 一鍼で修行開始。

◆2015年5月 ボディメンテナンス池下整骨院に勤務。

 

<社会活動・ボランティア活動など>

◆2013年 TOG主催 岩手県陸前高田市へ児童養護施設など訪問による教育・生活支援を学生ボランティアとして参加。

 

<治療への思い> 

 私は東洋医学、経絡治療を学び、始めはとても不思議なものに感じました。学んでいくうちに、これまでのただ「鍼=痛みをとる」という考えから、婦人科疾患や小児科疾患等の幅広い疾患の治療に携わることができることを実感しました。

 今の私は、知識・経験・技術と未熟ではありますが、日々精進して患者様のお役に立てるようにがんばります。

鶴見 祥子

Sachiko Tsurumi

 

 

 

 

 

一歩一歩、

自分を信じて進みます

 

 

<資格>

はり師・きゅう師

あん摩マッサージ指圧師

ポールシェリーボディーベーシック

ポールシェリーフェイシャルベーシック

 

<鍼灸師を目指したきっかけ>

 鍼灸との出会いは中学生の頃。家族の介護で体のあちこちを痛めていた母が、鍼灸院に通っており、ついていくうちに何度か治療してもらうことがありました。自然と健康をサポートする仕事に興味を持つようになり、リラクゼーション系のお店で整体・エステをしていました。続けるうちにもっと身体のことを深く知りたいと思うようになり、鍼灸院の先生のすすめもあって鍼灸の専門学校に入学しました。

 

<鍼灸師になって現在まで>

◆2015年 財団法人 東洋療法研修試験財団主催 厚生労働省認定「はり師」「きゅう師」国家資格取得。

◆2015年4月 ケアサポート刈谷で訪問マッサージを開始。

◆2015年4月 中和医療専門学校に実技助手として勤務。

◆2016年2月 東洋医学総合はりきゅう治療院 一鍼で修行開始。

◆2016年3月 birth勝川に勤務。

 

<社会活動・ボランティア活動など>

◆2012年 JILCA主催 東北震災ボランティア気仙沼+大島マッサージ部隊として参加。

◆2013年 (一社)愛知県鍼灸マッサージ師会大曽根支部主催 読売犬山ハーフマラソン鍼灸ボランティア活動参加。

◆2014年 (一社)愛知県鍼灸マッサージ師会主催 名古屋ウィメンズマラソン鍼灸ボランティア活動参加。

 

<治療への思い> 

 整体・エステの仕事をしていた頃、自身の体調不良を経験しました。病院で検査をしても悪いところは見つからない。それなのに体力は落ち、生理が止まり、疲労や不眠に悩まされる日々。東洋医学でいう未病の状態でした。

 鍼灸学校へ入ってからは仲間や先生、家族の支えもあり少しずつ回復してきています。今度は、同じような悩みを抱える方のサポートをする側になりたい、そんな思いで一鍼に入りました。

 治療の中では、お灸が大好きです!最近は、女性誌でお灸女子特集があったり、銀座におしゃれなショールームができたりとお灸ブームに喜んでおります。昔そうであったように、家庭で気軽にお灸をすえる文化が広まるようにお灸の良さを皆さまに伝えていきたいと思います。

谷﨑 綾

Aya Tanizaki

 

 

 

 

 

清く正しく美しく

謙虚に努力し続けます

 

 

<資格>

はり師・きゅう師

あん摩マッサージ指圧師

美容師

 


一鍼院内風景

治療院外観

 お気軽にお入りください。

 お車は治療院前に2台駐車できます。

 


待合室

 自動ドア、バリアフリー、またトイレ内・院内各所には手すりがありますので、お身体の不自由な方でも安心です。

 テレビや雑誌をご覧いただきながら、くつろいでお待ちいただけます。

 

 

受付

 予約状況により、治療開始時間が遅れることがございますが、基本的にお待たせすることがないように努めております。

 

キッズルーム

 お子様が遊べるキッズルームがあります。お子様とご一緒にご来院いただけます。


診療室1

 お着替えはご用意しております。お手荷物は蓋付きのBOXがありますので安心です。

 

診療室2

 木の温もりが溢れてリラックスできる快適な空間を心掛けております。

 


鍼灸道具

 鍼は、ディスポ式の使い捨て鍼を使用しますので安心です。

 灸は、天然もぐさをひねって行う伝統的な透熱灸を使用します。

※小児はりは、ヘラ型の刺さないはりを使用しますので、痛くありません。

※小児用の灸は、面で温めるお灸を使用しますので熱くありません。

 


院内ボード

 院内には「本来の健康を取り戻したら、一番最初に何をやりたいですか」のボードに、患者さまの笑顔の写真を掲示しています。

(ご本人の許可をいただいた方のみ掲示)

 痛みや疾患を抱えて来院された患者さまが、笑顔になってお帰りになられています。


セルフケア用お灸をプレゼント

 はじめて来院された患者さまに、セルフケア用の簡単なお灸をプレゼントしています。

 治療の際にご本人に合ったつぼをお伝えしますので、治療の合間や治療院に来れないときに、ご自宅でのケアにお役立ていただけます。

 


ご自由に使える健康器具

 ダンベル、握力トレーニング、ブルブル健康器、足裏マッサージ器など、無料でご使用いただけます。

 院長は、ボディビルディング大会に出場するのために、自身も20年トレーニングをしておりますので、運動やダイエットについてもお気軽にご相談ください。


ご予約優先 052-761-9780