<スポーツ鍼灸>

◆リオデジャネイロオリンピック女子レスリング報告 2016.8.21

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

リオデジャネイロオリンピック女子レスリングで金メダル4個、銀メダル1個、おめでとう!!金メダリストの登坂選手、土性選手、川井選手の3人は至学館大学で鍼灸治療した選手であったので、とても嬉しいです!!ネパールから帰国して思わず大喜びしてしまいました(^O^)/ 栄監督のご指導が本当にすばらしいと感銘を受けました!!

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 7回目 2016.1.21

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

(一社)愛知県鍼灸師会として長谷川会長と私で、7回目の至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。今回は、セイリン株式会社の武田さんがご同行いただき、鍼製品、衛生消毒用品のご提供をしていただきました。1月30日(土)~31日(日)ブラジル・リオデジャネイロでのオリンピックテスト大会に向けてのコンディショニング!!応援しています!!

 

2016年1月21日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 6回目 2015.12.3

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

(一社)愛知県鍼灸師会として長谷川会長と私で、6回目の至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。痛み、しびれ、炎症など多くの症状をかかえながらも、日々激しい練習に打ち込む選手に対して、ベストなコンディションで練習、試合に臨めるようサポートできればと思います。


2015年12月3日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 5回目 2015.11.12

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

(一社)愛知県鍼灸師会として長谷川会長と私で、5回目の至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。今回は、佐合先生が見学にご参加くださいました。レスリングは、コンタクトスポーツであるため様々な外傷、障害がみられました。厳しい練習を毎日積み重ねている選手にとって外傷、障害は起きやすい状況下ではありますので、早い期間での回復となるようサポートできればと思います。


2015年11月12日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 4回目 2015.8.6

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

(一社)愛知県鍼灸師会として山田先生と私で、4回目の至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。今回は、坂光先生が見学にご参加くださいました。本日は、グランドでの野外練習後に鍼灸治療を行いました。怪我を抱えながらも、毎日練習に励んでいるため、かなりのオーバーユースでした。まだまだ大会も控えている選手も多いため、少しでもサポートができればと思います。今回は、夏休みということもあり、全国から中学生も参加し練習に打ち込んでおりました。


2015年8月6日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 3回目 2015.6.11

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

(一社)愛知県鍼灸師会として長谷川会長と私で、3回目の至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。世界選手権(9月、アメリカ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権を1週間後に控え、選手は大会に向けての猛練習で体を酷使しているため、シンスプリントやバーナー症候群など傷害のある選手を中心に鍼灸治療を行ってきました。また、高校生の選手達も同日に大会を控えており、咳、痰、肘痛、膝痛、打撲、腰痛、足首痛などの鍼灸治療を行いました。初めて鍼灸治療を体験する高校生の選手もいて、痛みの軽減や可動域の改善などの体の変化に喜んでくれていました。

減量しながらもひたむきに努力している選手達に、良いコンディションで挑めるためにサポートができればという思いです。そして、大会後のケアについてもしっかりとサポートしていきたいと考えます。

2015年6月11日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 2回目 2015.5.7

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

(一社)愛知県鍼灸師会として長谷川会長と私で、2回目の至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。その後、症状は改善に向かっている選手がほとんどで安心しました。また、他の箇所に痛みと腫脹をうったえる選手には、しっかりと鍼灸治療を行った後は、腫脹が軽減し、ふんばったり、走ったりしても痛みがほとんどないようになりました。また、食事や減量についてのことプロテインのこと等の質問にお応えし、日常での傷害箇所のケアの方法やコンディショニングについてお伝えさせていただきました。

そして、鍼灸治療の前に練習風景を見させてもらいましたが、ものすごいきつい練習で、普通の人であれば途中で倒れてしまう程、追い込んだ練習をしていました。至学館大学レスリング部の強さの一部を垣間見たようでした。こういった動きを実際に見ることで、よりレスリングの競技特性に対しての鍼灸治療が可能となるので、よく観察していきたいと考えています。

これから6月の大会に向けて、選手達への鍼灸治療によるサポートをしっかりと行っていければと考えています。

2015年5月7日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて

◆(一社)愛知県鍼灸師会 至学館(旧中京女子)大学レスリング部鍼灸治療 2015.4.2

(至学館大学レスリング部練習場にて)
(至学館大学レスリング部練習場にて)

桜の咲き誇る平成27年4月2日(木)、(一社)愛知県鍼灸師会として長谷川会長と私で、至学館(旧中京女子)大学レスリング部の鍼灸治療に行ってきました。至学館大学レスリング部とは、世界的にみても名門中の名門校で、オリンピック選手や格闘家を数多く輩出している大学です。全国からトップレベルの選手達が集まり、緊張感のある中、厳しい練習を行っていました。
日々の激しい練習、トレーニングそして、レスリングの競技特性により多くの選手がスポーツ外傷、障害に見舞われていました。打撲、脛骨疲労骨折、シンスプリント、バーナー症候群、後十字靭帯切断後の疼痛、腰痛、股関節痛、肩関節痛、足背部痛等々があり、かなり体を酷使していることがわかりました。
全日本チャンピオンの鍼灸治療が終わり、怖々みていた他の選手に、「痛くないから1本だけうってみたら」と会長が話しかけたところ、最初の一人が「じゃぁ1本だけ」と手を出してきたので鍼を1本だけ打ちました。鍼を打たれた瞬間「ほんとだ、痛くない!」とビックリしていました。そうなると、他の選手達も「じゃぁ私も」「私も」と次々に鍼の体験をしていきました。痛くないことが分かると、俄然鍼灸治療に興味が出てきたのか、「実は膝が痛いんですけど鍼で治りますか?」、「私は腰が痛いんですが・・・」「ジャンプすると足首が痛いんです。」と、次から次へと質問をされ、その後、実際に鍼灸治療をしていくことになりました。最終的には、会長と共に8名の選手に鍼灸治療をさせていただき、殆どの選手が、痛みが無くなり、鍼治療にて可動域が広がること、そして、炎症を軽減させる効果があることを、身を以て感じていただけた様でした。
選手の皆さんは、皆礼儀正しく明るいすばらしい選手ばかりで、私たちもとても楽しく治療をする事ができました。2日後の土日に京都で大会があり、高3~大学1、2年生のカテゴリーにて、4名優勝できたとの事、私たちもとても嬉しく思いました。
今後も定期的に治療に伺うと共に、大会前あるいは大会帯同等、選手のために、鍼灸治療によるサポートができればと考えています。
2015年4月2日(木) 至学館大学レスリング部練習場にて
報告書は、(一社)愛知県鍼灸師会HPへ http://aisenkai.harikyu.or.jp/