【学会・研修会履修記録】

2015年

履修年月日

学会・研修会名称

会場

開催地

12月13日(日)

(一社)日本統合医療支援センター主催平成27年度第三回統合医療支援セミナー名古屋

名古屋都市センター

愛知県

名古屋市

11月22日(日)

(一社)愛知県鍼灸師会主催 第49回愛知・岐阜・三重三県合同研修会、(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度第4回「スポーツ傷害」講習会

KKRホテル名古屋

愛知県

名古屋市

11月7日(土)

明日の医療を考える会-ミモザ岐阜-第1回研究会

岐阜大学医学部記念会館

岐阜県

岐阜市

10月31日(金)~11月1日(土)

第11回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in神奈川、創立65周年記念式典

パシフィコ横浜

神奈川県

横浜市

10月4日(日)

第3回名大総診統合医療外来研究会

名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟

愛知県

名古屋市

9月13日(日)

(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度「スポーツ傷害」第3回講習会

名古屋能楽堂

愛知県

名古屋市

6月28日(日)

第2回名大総診統合医療外来研究会

名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟

愛知県

名古屋市

6月28日(日)

(一社)愛知県鍼灸師会平成27年度通常総会・(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度「スポーツ傷害」第2回講習会

名古屋都市センター

愛知県名古屋市

5月21日(木)

(一社)愛知県鍼灸師会健康保険説明会

(一社)愛知県鍼灸師会事務局

愛知県

名古屋市

4月5日(日)

平成27年度第64期通算第746回日本鍼灸師会学術講習会(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度第1回「スポーツ傷害」講習会

名古屋医健スポーツ専門学校

愛知県

名古屋市

3月21日(土祝)

通信同窓生主催 平成26年度明治国際医療大学大学院通信教育課程 交歓会(修士学位論文発表会)

京都キャンパスプラザ

京都府

京都市

3月15日(日)

(一社)日本統合医療支援センター主催平成26年度第四回統合医療支援セミナー名古屋

名古屋都市センター

愛知県

名古屋市

2月21日(土)~22日(日)

明治国際医療大学大学院後期単位認定試験・研究準備、平成26年度修士課程(通信教育課程)学位論文口頭試問

明治国際医療大学大学院

京都府

南丹市

2月14日(土)

公益社団法人 国際医療技術財団主催 第2回JIMTEF災害医療研修アドバンスコース 

(一社)愛知県鍼灸師会代表として受講

独立行政法人 国際協力機構 東京国際センター(JICA東京)

東京都

渋谷区

1月18日(日)

(一社)愛知県鍼灸師会主催 第41回愛知県鍼灸研修会 明日からの臨床にスグ活かせる「鍼灸師の為の臨床セミナー」 第2弾

名古屋医健スポーツ専門学校

愛知県

名古屋市

 

<(一社)日本統合医療支援センター主催平成27年度第三回統合医療支援セミナー名古屋受講報告 2015.12.13>

(名古屋都市センターにて)
(名古屋都市センターにて)

(一社)日本統合医療支援センター主催平成27年度第三回統合医療支援セミナー名古屋を受講いたしました。今回は、鍼灸院で良く診ることの多い頭痛・めまい・耳鳴り・胸痛・腹痛・背部痛・腰痛・関節痛そして、産婦人科の腫瘍・生殖内分泌・女性医学・周産期についての鑑別、レッドフラグについての内容でした。実技では、腹部の診察において腹膜刺激症状の診方についての内容でした。昨年、この回のみ受講できなかったので、今回受講できまして大変勉強になりました。

 

2015年12月13日(日) 名古屋都市センターにて

<(一社)愛知県鍼灸師会主催 第49回愛知・岐阜・三重三県合同研修会、(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度第4回「スポーツ傷害」講習会参加及び運営報告 2015.11.22>

(KKRホテル名古屋にて)
(KKRホテル名古屋にて)

(一社)愛知県鍼灸師会主催 第49回愛知・岐阜・三重三県合同研修会、(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度第4回「スポーツ傷害」講習会の参加及び運営をいたしました。今回私は、第3部講演の座長を務めました。針院さとうTSSケアグループ代表 佐藤 丈能先生「陸上における足部の障害について」(第1部)、コモリタ治療院院長 小森田 明浩先生「器械体操におけるスポーツ傷害」(第2部)、中研治療院院長 牧 正明先生「野球の障害について」(第3部)、特別講演として杏林堂院長 小川 卓良先生「鍼灸師の地位向上の為に~鍼灸単独法について~」(第4部)をご講演いただきました。また、ランチョンセミナーとして日本光電工業株式会社「AED解説」をご講演いただきました。陸上競技、器械体操、野球におけるスポーツ傷害について、とても詳しく臨床的にご講演ならびに実技をご披露していただきまして、正しい鑑別方法ならびに正しいフォームについて多くの学びとなりました。そして、特別講演では、日本鍼灸師会の設立目的である鍼灸単独法についての重要なご講演をしていただきました。法改正に至るためには様々な解決すべきことが山積しておりますが、我々鍼灸師ひとりひとりがこれからの未来や子ども達のために真剣に考えていかなければと強く思いました。


2015年11月22日(日) KKRホテル名古屋にて

<明日の医療を考える会-ミモザ岐阜-第1回研究会参加報告 2015.11.7>

(岐阜大学医学部記念会館にて)
(岐阜大学医学部記念会館にて)

明日の医療を考える会-ミモザ岐阜-第1回研究会に参加いたしました。岐阜で立ち上がった統合医療の研究会です。ウイスコンシン医科大学教授 高橋 徳先生による「鍼治療のメカニズムと実践」を拝聴させていただきました。アメリカでの研究成果に基づいた鍼の作用機序と脳内オキシトシンの生理作用についてとてもすばらしいご講演でありました。「他人へのいたわり」が倫理、道徳の分野のみならず、医学の分野において研究されることにとてもすばらしいと感じました。私も臨床において、人のために行う力の強さと作用を患者様にお伝えすることがありますが、医学的に説明ができるということは画期的なことと思いました。

そして、広島大学教授 町田 宗鳳先生による「瞑想の概念と実践」を拝聴させていただきました。「ありがとう瞑想」の体験をさせていただきまして、心身共に活性化されるのを実感いたしました。「ありがとう」の言葉を大事にしてきた私としては、とても共感でき、これからも大切に実践していきたいと思いました。


2015年11月7日(土) 岐阜大学医学部記念会館にて

<第11回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in神奈川、創立65周年記念式典の参加及び運営、会議出席報告 2015.10.31~11.1>

(パシフィコ横浜にて)
(パシフィコ横浜にて)

第11回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in神奈川「鍼灸の今がわかる!~人気治療から経営まで~」、創立65周年記念式典の参加及び運営、会議出席をいたしました。今回私は、(公社)日本鍼灸師会広報普及IT委員会委員としてブース設置や式典、会議準備、災害医療対策委員会委員として日鍼会講座準備、(一社)愛知県鍼灸師会として全国組織・共済部長会議に出席いたしました。

国立病院機構災害医療センター 臨床研究部長・救命救急センター長 小井土 雄一先生、福島県鍼灸師会会長 中沢 良平先生による「災害医療における鍼灸師の役割とは」、神奈川県鍼灸師会会員 小井土 善彦先生・辻内 敬子先生による「これからの注目鍼灸「不妊治療」」、日本理学療法器材工業会によるシンポジウム「業者から見た鍼灸院~ここを変えればもっと成功する~」を拝聴させていただきました。

すばらしいご講演、シンポジウムをお聴きしまして、鍼灸師の社会性、コミュニケーション能力が必要とされていること、そして、医療として広い分野でかつ専門的に貢献していくことが必要であると感じました。また、鍼灸が地域包括ケアならびに災害時に多職種での連携が必要であることをあらためて強く感じました。大変学びと気づきのある2日間となり刺激となりました。


2015年10月31日(土)~11月1日(日) パシフィコ横浜にて

<第3回名大総診統合医療外来研究会出席報告 2015.10.4>

(名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟にて)
(名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟にて)

第3回名大総診統合医療外来研究会に出席いたしました。今回も有意義なRTDを行いました。専門家が患者様のためにこんなにもディスカッションできることにあらためてすばらしい医療であると実感します。2012年11月より名古屋大学大学院医学系研究科での統合医療の研究協力をさせていただいてから約3年近くお世話になり、医療連携するための知識ならびに鍼灸師としての研鑽を積ませていただき多くの学びを得させていただいております。

 

2015年10月4日(日)  名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟にて

<(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度「スポーツ傷害」第3回講習会の運営並びに参加報告 2015.9.13>

(名古屋能楽堂にて)
(名古屋能楽堂にて)

(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度「スポーツ傷害」第3回講習会の運営並びに参加をいたしました。

言語聴覚センターとよあけ所長 医師 久納 俊雄先生「すぐに役立つ めまいの知識」(第1部)、(一社)愛知県鍼灸師会理事 長岡 亨先生「めまいに対する少数鍼治療」(第2部)、至学館大学短期大学部アスレティックトレーナー専攻科准教授 佐藤 丈能先生「トレーナー概論」(第3部)、佐藤 丈能先生「アキレス腱炎とジャンパー膝のテーピング」(第4部)をご講演いただきました。

第1部では、「めまいの分類、評価(病歴聴取)、めまいをきたす疾患、評価の実際(平衡機能検査)」についてご講演いただきました。問診において「めまいの発症時間と種類」「めまいの持続時間」「随伴症状」「誘因」「既往歴」等をふまえてお聴きすることが診断に強く結びつくため問診の重要性をお伝えいただきました。そして、良性発作性頭位めまい症の治療方法であるエプリー法(浮遊耳石置換法=Epley maneuver)の実演をしていただきました。

第2部では、「めまいを中医学で弁証論治し1本の鍼で治療、少数鍼によるめまいの一症例、めまいのレッドフラグ、体表観察・少数鍼の実技」についてご講演ならびに実演いただきました。丁寧で詳細な体表観察の重要性ならびに少数鍼における体の変化をお伝えいただきました。

第3部では、「トレーナー概論」として、実際の現場で活躍するトレーナーについての概論をご講演いただきました。さらに第4部では、「アキレス腱炎とジャンパー膝のテーピング」について実演を頂きまして、参加者全員が二人一組でスポーツテーピングの実習をしていただきました。

ご参加いただいた先生方におかれましては、明日からの臨床に活かしていただければ幸いと存じます。


2015年9月13日(日) 名古屋能楽堂にて

<第2回名大総診統合医療外来研究会出席報告 2015.6.28>

(名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟にて)
(名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟にて)

第2回名大総診統合医療外来研究会に出席いたしました。2012年11月より1年9ヶ月にわたり名古屋大学大学院医学系研究科での統合医療の研究協力をさせていただきました。研究後、名古屋大学付属病院総合診療科と連携し研究会に参加させていただいております。とても深い学びが得られることに感謝しております。


2015年6月28日(日) 名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟にて

<(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度「スポーツ傷害」第2回講習会の運営並びに参加報告 2015.6.28>

(名古屋都市センターにて)
(名古屋都市センターにて)

(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度「スポーツ傷害」第2回講習会の運営並びに参加をいたしました。講師のコモリタ治療院院長 小森田 明浩先生より「ジュニア期の足・膝の障害について~足・膝関節の治療とテーピング~」についてご講演をいただきました。よくあるジュニア期の傷害について競技復帰までのトレーニングやテーピング等々につきまして、ご経験に裏付けされたことを実際の臨床に則してお伝えいただきました。大切なポイントを丁寧にわかりやすくお話いただきまして、ご参加いただいた先生におかれましてもスポーツ鍼灸としての専門性を高めることに活かしていただければ幸いと存じます。

<(一社)愛知県鍼灸師会平成27年度通常総会運営並びに出席報告 2015.6.28>

(名古屋都市センターにて)
(名古屋都市センターにて)

(一社)愛知県鍼灸師会平成27年度通常総会が開催され運営並びに出席いたしました。本会顧問の参議院議員 安井美沙子先生より来賓のご挨拶があり、現在の政治状況あるいは、医療業界を取り巻く課題等をお話いただきました。庶務報告、各部事業報告、平成26 年度収支決算報告ならび監査報告がなされ、平成27年度事業計画案、予算案が上程され承諾されました。また、今年度より「常任理事」から「業務執行理事」への役職名の変更がありました。長谷川会長より「鍼灸は、医療であり、医療の一環として確立し歩まなくては将来がない」とのご挨拶がありました。医療としての鍼灸を確立できるよう取組んで参りたいと存じます。

<(一社)愛知県鍼灸師会健康保険説明会参加報告 2015.5.21>

((一社)愛知県鍼灸師会事務局にて)
((一社)愛知県鍼灸師会事務局にて)

(一社)愛知県鍼灸師会健康保険説明会を受けてきました。マンツーマンで受けさせていだだきました。長谷川会長のご説明がとてもわかりやすいので、不明な点が解消され、とても学びになりました!!ありがとうございます!!

 

<平成27年度第64期通算第746回日本鍼灸師会学術講習会(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度第1回「スポーツ傷害」講習会運営及び参加報告 2015.4.5>

(名古屋医健スポーツ専門学校にて)
(名古屋医健スポーツ専門学校にて)

平成27年度(公社)日本鍼灸師会専門領域研修制度 第1回「スポーツ傷害」講習会の運営及び参加をいたしました。

この講座は、平成27年4月5日~平成29年2月の期間に規定の単位(50単位)を取得すると(公社)日本鍼灸師会から専門領域研修制度「スポーツ傷害」認定証が発行されます。学生さんには、(一社)愛知県鍼灸師会から専門領域研修制度「スポーツ傷害」認定証が発行されます。

第一回として、いつも名大の統合医療チームで大変お世話になっております名古屋大学総合診療科医師の松葉 泰昌先生より「スポーツ傷害概論~さまざまなフレームを通して~」(第一部)、そして、針院さとうTSSケアグループ代表で至学館大学短期大学部アスレティックトレーナー専攻科准教授 佐藤 丈能先生より「スポーツ外傷・障害について~スポーツ鍼灸師としての立場から~」(第二部)をご講演いただきました。

第一部では、スポーツ医科学について全体像を把握し、スポーツ傷害の特殊性を理解することで、スポーツ科学への応用が可能になるということを学びました。

第二部では、スポーツ鍼灸師としてのアプローチとして必要なこと、また、ネットワーク作りの必要性を学びました。

今回の講座では、とてもスポーツについてに特化した内容で、専門性を高めるためにとても勉強になりました。

大変すばらしいご講演をいただきまして、ご参加いただいた先生方におかれましては、スポーツ鍼灸としての専門性を高めることに活かしていただければ幸いと存じます。

報告書は、(一社)愛知県鍼灸師会HPへ http://aisenkai.harikyu.or.jp/

<通信同窓生主催 平成26年度明治国際医療大学大学院通信教育課程 交歓会(修士学位論文発表会)参加報告 2015.3.21>

(京都キャンパスプラザにて)
(京都キャンパスプラザにて)

通信同窓生主催 平成26年度明治国際医療大学大学院通信教育課程 交歓会(修士学位論文発表会) に参加しました。今年度修了される先生方の学位論文発表を拝聴できましたことは大変勉強になりました。東洋医学では、まだまだ未解明なことが多いので、研究テーマは多様であり可能性が多いと感じます。


<(一社)日本統合医療支援センター主催 平成26年度第四回統合医療支援セミナー名古屋参加報告 2015.3.15>

(名古屋都市センターにて)
(名古屋都市センターにて)

(一社)日本統合医療支援センター主催平成26年度第四回統合医療支援セミナー名古屋に参加しました。今回は鍼灸臨床で良く診る関節痛の鑑別、そして、しびれの鑑別を中心に神経学的所見のとり方を、さらに、救急・災害時の鍼灸医療、最後にEBMと統合医療についての内容でした。これから鍼灸師が医師と連携して、患者様にとってより良い医療を提供するために必要な知識です。来年度は、皮膚科医による皮膚所見で鑑別ができるための特別セミナーもあるので、参加されることをおすすめします。


<明治国際医療大学大学院後期単位認定試験・研究準備、平成26年度修士課程(通信教育課程)学位論文口頭試問 2015.2.21-22>

(明治国際医療大学大学院にて)
(明治国際医療大学大学院にて)

明治国際医療大学大学院後期単位認定試験、研究準備を行い、平成26年度修士課程(通信教育課程)学位論文口頭試問を拝聴してきました。後期試験科目は、「臨床鍼灸医学特論」、「基礎鍼灸医学特論」、「統合医療学特論Ⅱ」、「実験研究法」の4科目で、認定が無事通れば基盤科目の全てが修了します。一年間ものすごくきつかったけれど、論理的に深く考える訓練ができました。学位論文口頭試問では、今年度修士課程を修了される先生方の論文発表を拝聴しました。とても多くの学びがありました。そして、研究のために探していた資料に出逢えることができました。感謝いたします。

<公益社団法人 国際医療技術財団主催 第2回JIMTEF災害医療研修アドバンスコース受講報告 2015.2.14>

(独立行政法人 国際協力機構 東京国際センター(JICA東京)にて)
(独立行政法人 国際協力機構 東京国際センター(JICA東京)にて)

日 時:平成27年2月14日(土) 9時~17時20分

協 力:独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター

会 場:独立行政法人 国際協力機構 東京国際センター

参加団体:(公社)日本鍼灸師会14名、(公社)日本柔道整復師会11名、(公社)日本理学療法士協会6名、(一社)日本作業療法士協会6名、(一社)日本言語聴覚士協会5名、(公社)日本栄養士会4名、(公社)全日本鍼灸マッサージ師会3名、(公社)日本歯科技工士会2名、(公社)日本医療社会福祉協会1名、(公社)日本臨床工学技士会1名、(一社)日本臨床衛生検査技師会1名、合計54名(※人数順・50音順)


1.講義1「国際人道支援に学ぶ支援方策」

1)「スフィア・プロジェクト」 講師:国立病院機構災害医療センター 千島 佳也子先生

スフィア・プロジェクトとは、1997年に人道支援を行う国際NGO団体と国際赤十字・赤新月運動によって発足された、人道支援の主要分野全般に関する最低基準づくりのためのイニシアティブである。94年のルワンダ大虐殺がきっかけとなっている。目的は、災害援助における行動の質を向上し、説明責任を果たすことである。人道対応の基準として最も広く知られ、国際的に認識されており、機関相互のコミュニケーションや調整のためのツールとして知られている「スフィア・ハンドブック」が、無料でダウンロードが可能です。(認定NPO法人難民支援協会:https://www.refugee.or.jp/sphere/)。


2)「人道支援の実際」 講師:独立行政法人 国際協力機構(JICA) 大友 仁先生

①日本の緊急援助体制、②国際救援に関する調整システム、③国連を中心とした国際緊急援助の歴史、④国際災害援助現場調整システム(クラスターアプローチ)、⑤人道支援におけるAccountabilityの重要性、⑥海外医療チーム(FMT)の能力基準設定と登録制度の必要性、⑦JDRの台風ヨランダの活動状況についての講義内容でありました。


2.講義2「災害医療コーディネート」 講師:国立病院機構災害医療センター 近藤 久禎先生

①災害医療コーディネーターのあり方、②指揮系統の確立・組織の形成:CSCA、③作戦立案の要諦:TTT、④災害医療コーディネーターの心構えについての講義内容でありました。


3.講義3「本部運営と記録」 講師:国立病院機構災害医療センター 市原 正行先生、大野 龍男先生

ホワイトボードで共有すべき情報として、①経時活動記録(クロノロ)、②問題・解決リスト、③活動方針、④指揮系統図と活動部隊・人員と現在の活動、④主要連絡先、⑤患者・患者数一覧表、⑥被災状況・現場状況(地図)について本部に入ってくる情報の整理・記録について学びました。


4.講義4「本部運営実習」 講師:国立病院機構災害医療センター 小早川 義貴先生、国立長寿医療研究センター 浅野 直也先生

実際の被災地のある現地対策本部での実習を各グループで行いました。現地の病院や活動団体からの多くの情報について、リーダーからの経時的活動記録(クロノロ)、指揮系統図に反映する実習を行いました。私は、経時的活動記録(クロノロ)を担当しました。実際行ってみると予期せぬことも多く発生するのが現場であり、情報の整理・記録というのは、混沌とした現場においてはとても難しいものであると感じました。しかし、この情報の記録というのは、現地においてとても重要であることが理解できました。


5.講義5パネルディスカッション「次の災害に備える」 講師:神戸学院大学 中田 敬司先生、国立長寿医療研究センター 浅野 直也先生、国立病院機構災害医療センター 小早川 義貴先生

「次の災害に備える」をテーマに、各団体による発表ならびにディスカッションが行われました。(一社)福島県鍼灸師会より中沢 良平先生が発表をされました。東日本大震災後に設置された団体内の組織・部門、その活動内容について発表をされました。平時の鍼灸ボランティア活動が災害時のトレーニングとなっていること、地域災害システムは地域包括ケアと同じ考えであり、常に地域の医療チームに鍼灸師が入っていること、鍼灸は日本古来の地域・家庭医療であることについてお話をされました。


6.講義6「赤十字の国際医療救援」 講師:日本赤十字社国際部 佐藤 展章先生

①赤十字の支援の特色、②赤十字の緊急対応システム、③日赤基礎保健ERUによる活動、④日本国内の医療救護対応についての講義内容でありました。


7.講義7「JDR(国際緊急援助隊)の災害医療活動」 講師:国立病院機構災害医療センター 小井土 雄一先生

①国際緊急援助隊JDRに関わったきっかけ、②JDR医療チームの誕生の経緯、③JDR医療チームは如何に派遣されるか?、④JDR医療チームの現地での活動は?、⑤JDRのやりがいは何?、⑥JDRのこれからについての講義内容でありました。


<感想>

(一社)愛知県鍼灸師会代表として、公益社団法人 国際医療技術財団主催 第2回JIMTEF災害医療研修アドバンスコースを受講しました。

JIMTEFベーシックコースをふまえた上でのアドバンスコースの内容でありました。実際の災害時において必要な内容であり、リアルな勉強ができたと思います。そして、平時からの連携、顔の見える関係が災害時においてとても大事であること、平時のボランティア活動が災害医療のトレーニングになることについてとても大きな気づきとなりました。いつどこで発生するかわからない災害について、今から準備していくことが必要であると思います。災害医療について、各地方で研修するにあたってDMAT講師をご紹介いただけるので、研修会としての検討もできればと考えます。


<(一社)愛知県鍼灸師会主催 第41回愛知県鍼灸研修会 参加及び運営報告 2015.1.18>

(名古屋医健スポーツ専門学校にて)
(名古屋医健スポーツ専門学校にて)

(一社)愛知県鍼灸師会主催 第41回愛知県鍼灸研修会が開催され、参加及び運営をいたしました。明日からの臨床にスグ活かせる「鍼灸師の為の臨床セミナー」 第2弾!として、本会会員である國分 俊明先生「臨床研による徒手検査の実際」~徒手検査から医療介護連携を考える~(演題1)、
そして、中医師の西川 修先生「第2回中医薬膳セミナー」~体質対応・弁証別中医薬膳の話~(演題2)をご講演いただきました。西川先生は、多数のTV出演や講演、新聞雑誌の執筆活動をし、'02年には中国厚生省主管の中国世界中華名医倫壇選家委員会より自然傑出人材賞(通称中華名医)を受賞されていらっしゃいます。
演題1では、日本鍼灸師会主催の鍼灸臨床研修会(目的:師会の学術活動等を担って貰える人材の養成と共に、鍼灸師の学術向上を図ることにより、社会的信頼性の高い鍼灸師の育成)における臨床での徒手検査についてご講演いただきました。臨床鍼灸師には、必須の内容で、鑑別するにおいても大切な内容でありました。
演題2では、体質分類をわかりやすくご説明いただきまして、体質に合わせた飲食物、薬膳について実際の本質についてご講演いただきました。人間にとって、自己治癒力を向上させるために飲食物の重要性をお伝えいただきました。そして、薬茶の「桂皮山ざ飲」を試飲させていただきまして、とても香り高く飲みやすい薬茶でした。
大変すばらしいご講演をいただきまして、ご参加いただいた先生方におかれましては、明日からの臨床に活かしていただければ幸いと存じます。

2014年

履修年月日

学会・研修会名称

会場

開催地

10月12日(日)~13日(月祝)

第10回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in岐阜「地域医療に貢献する鍼灸医療~鍼灸医療の特性と統合医療~」

じゅうろくプラザ

岐阜県

岐阜市

9月29日(月)

消防署主催 普通救命講習1(成人コース)

昭和消防署 応急手当研修センター

愛知県

名古屋市

9月20日(土)~21日(日)

明治国際医療大学大学院 単位認定前期試験・臨床研究準備

明治国際医療大学大学院・附属病院・附属鍼灸センター

京都府

南丹市

9月16日(火)

中部大学アクティブアゲインカレッジ(CAAC)入学式・講演会 

(一社)愛知県鍼灸専門師会代表として出席

中部大学

愛知県

春日井市

9月14日(日)

(一社)日本統合医療支援センター主催 平成26年度第二回統合医療支援セミナー名古屋

名古屋都市センター

愛知県

名古屋市

6月15日(日)

(一社)日本統合医療支援センター主催 平成26年度第一回統合医療支援セミナー名古屋

名古屋都市センター

愛知県

名古屋市

5月25日(日)

(一社)愛知県鍼灸専門師会主催平成26年度通常総会・ランチョンセミナー

 

名古屋医健スポーツ専門学校

愛知県

名古屋市

5月16日(金)~18日(日)

第63回(公社)全日本鍼灸学会学術大会 愛媛大会「いのちの源をみつめる鍼灸~からだとこころの癒しを求めて~」

愛媛県県民文化会館(ひめぎんホール)

愛媛県

松山市

4月3日(木)

明治国際医療大学大学院入学式

明治国際医療大学大学院

京都府

南丹市

4月13日(日)

平成26年度 第62期 通算 第730回日本鍼灸師会学術講習会 第38回愛知県鍼灸研修会 主催(公社)日本鍼灸師会 共催(一社)愛知県鍼灸専門師会 後援 厚生労働省

名古屋医健スポーツ専門学校

愛知県

名古屋市

3月29日(土)~30日(日)

第29回経絡治療学会学術大会九州大会「伝統を守る鍼灸治療」

アクロス福岡 国際会議場

福岡県

福岡市

3月2日(日)

JSISH(日本医療教授システム学会)多職種連携プロジェクトチーム主催 ワークショップ:「演劇」でIPWを学ぶ!第4弾

東京大学医学部教育研究棟

東京都 文京区

2月11日(火祝)

セイリン(株)名古屋営業所主催

(一社)愛知県鍼灸専門師会セイリン(株)工場見学ツアー

セイリン(株)本社・清水工場

静岡県

清水市

1月19日(日)

(一社)愛知県鍼灸専門師会主催

第35回愛知県鍼灸研修会

名古屋医健スポーツ専門学校

愛知県

名古屋市

 

<第10回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in岐阜 参加及び運営手伝い、会議出席報告 2014.10.12-13>

(じゅうろくプラザにて)
(じゅうろくプラザにて)

第10回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in岐阜「地域医療に貢献する鍼灸医療~鍼灸医療の特性と統合医療~」に参加及び運営手伝い、会議出席をしました。中京大学スポーツ科学部教授・医学博士 湯浅 景元先生による「スポーツバイオメカニクス」、福島県立医科大学非常勤講師・福島県鍼灸師会会長 中沢 良平先生 NPO法人鍼灸地域支援ネット会長 日比 泰広先生 岩手県鍼灸師会理事 藤沼 敦子先生による「被災時の地域医療連携とネットワーク」、明治国際医療大学健康・予防鍼灸学ユニット助教・鍼灸学博士 吉田 行宏先生 日本卓球協会・ロンドンオリンピック帯同トレーナー 羽生 綾子先生による「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催へ向けた助走」、慶応義塾大学大学院理工学研究科特任准教授・鍼灸師・医学博士 鳥海 春樹先生による「認知症の鍼灸治療」を拝聴させていただきました。また、県民公開講座では、東京工業大学大学院教授・脳科学者・理学博士 茂木 健一郎先生による「人体の小宇宙 病を脳科学で捉え考える」のご講演をしていただきました。
すばらしいご講演をお聴きしまして、鍼灸医療が広い分野でかつ専門的に貢献できる可能性を強く感じました。大変学びの多い2日間となりました。
今回私は、大会議室統括サブリーダーとしてお手伝いをさせていただきました。そして、日本鍼灸師会IT委員として全委員会合同全体会議、愛知県鍼灸専門師会組織部長として全国組織部長・共催部長会議に出席いたしました。暴風警報が出ている中、ご参加いただきました先生方誠にありがとうございました。

<消防署主催 普通救命講習1(成人コース)受講報告 2014.9.29>

(昭和消防署 応急手当研修センターにて)
(昭和消防署 応急手当研修センターにて)

消防署主催 普通救命講習1(成人コース)を受講しました。

数年おきに応急手当の講習は受講し続けていますが、今回は、昭和消防署 応急手当研修センターにて受講しました。心肺蘇生法、AEDの使い方、気道異物の除去、大出血時の止血法の講習を受けました。応急手当は忘れないためにも定期的に講習を受けることが必要ですね。そして、様々な具体的な場面を想定しての実習では、何を最優先にすべきか、迅速に判断することがとても重要で大変勉強になりました。

<明治国際医療大学大学院 単位認定前期試験と臨床研究準備報告 2014.9.20-21>

(明治国際医療大学大学院・附属病院・附属鍼灸センターにて)
(明治国際医療大学大学院・附属病院・附属鍼灸センターにて)

明治国際医療大学大学院 単位認定前期試験と臨床研究準備をしてきました。

大学院の定期試験を初めて受けましたが、考えを述べる問題や説明をする問題等であるので、本当に理解していないと答えられないと感じました。論文作成においても述べる能力は必要であると感じていますので、とても貴重な学びを得ていると思います。臨床研究は準備が多くありますので、気持ちは焦るばかりですが、少しずつ進めていければと思います。

<(一社)日本統合医療支援センター主催 平成26年度第二回統合医療支援セミナー名古屋参加報告 2014.9.14>

(名古屋都市センターにて)
(名古屋都市センターにて)

(一社)日本統合医療支援センター主催 平成26年度第二回統合医療支援セミナー名古屋に参加しました。

今後、日本型統合医療を実現し、鍼灸師が医師と連携するために必要な知識を学べるセミナーです。今回は、鍼灸院での内科疾患の病状管理として高血圧、心不全、糖尿病を中心として、在宅医療での嚥下障害、認知症について、そして、精神科領域についての内容でした。とても、鍼灸臨床に即したテーマで知っておかなければならない内容でした。

 

2013年

履修年月日

学会・研修会名称

会場

開催地

11月10日(日)

(一社)三重県鍼灸師会主催 第48回愛知・岐阜・三重三県合同鍼灸研修会 プラトンホテル四日市

三重県 四日市市

10月13日(日)~14日(月祝) 第9回(公社)日本鍼灸師会全国大会inおかやま「『きぼう…未来へ!』~宇宙に向けた鍼灸~」 第13回臨床学術大会 第50回日青全国集会 岡山コンベンションセンター

岡山県 岡山市

9月7日(土) 明治国際医療大学大学院 鍼灸学研究科 修士課程(通信教育課程)入学試験
明治国際医療大学

京都府

南丹市

7月24日(水)~25日(木) 関西医科大学心療内科 夏期セミナー 関西医科大学枚方学舎・附属枚方病院

大阪府 枚方市

6月30日(日) 平成25年度(一社)愛知県鍼灸専門師会 通常総会・研修会 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館

愛知県  名古屋市

6月8日(土)~9日(日)  第62回(公社)全日本鍼灸学会 学術大会 九州大会 アクロス福岡

福岡県 福岡市

5月12日(日)

第8期経絡治療学会 九州支部 研修会

福岡市鍼灸師会館 福岡県 福岡市
3月30日(土)~31日(日) 第28回経絡治療学会 学術大会 関西大会 御所西 京都平安ホテル 京都府 京都市

 

<報告記事> ※履修研修の一部をご紹介します

関西医科大学心療内科 夏期セミナー参加報告 7/24~25
名古屋大学総合診療科の伊藤京子先生より、関西医科大学心療内科夏期セミナーのご紹介を頂きまして、心療内科で行うアプローチは統合医療を進める上で勉強になると思い、参加させていただきました。内容を記事にて報告いたします。
○130724-25関西医科大学心療内科夏期セミナー報告(記事)130806.p
PDFファイル 425.5 KB

2012年

履修年月日 学会・研修会名称 会場 開催地
12月1日(土)~2日(日) 特定非営利活動法人NSCAジャパン ストレングス&コンディショニングカンファレンス2012 早稲田大学 所沢キャンパス 埼玉県 所沢市
11月18日(日) 山岸 秀匡選手 SPECIALセミナー in名古屋 BODYBUILDING GYM&DANCE STUDIO OSSU!! 愛知県 名古屋市
11月11日(日) 第8期経絡治療学会 九州支部 研修会 福岡市鍼灸師会館 福岡県 福岡市
11月10日(土) 平成25年度特定非営利活動法人アサンテナゴヤ総会・第3回ケニア無料医療活動報告 ナディアパーク青少年文化センター 愛知県 名古屋市
10月19日(金)~20(土) (公社)国際医療技術財団(JIMTEF)第2回災害医療研修コース 独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター 東京都 立川市
7月16日(月) (公社)日本鍼灸師会主催 第3回臨床鍼灸スポーツフォーラム ウインク愛知 愛知県 名古屋市
7月8日(日) 第7期経絡治療学会 九州支部 研修会 福岡市鍼灸師会館 福岡県 福岡市
7月1日(日) 特定非営利活動法人NSCAジャパン 東海地域ディレクターセミナー サン・ワークアウト 愛知県 名古屋市
6月8日(金)~10日(日) 第61回(一社)全日本鍼灸学会 学術大会 三重大会 四日市市文化会館 三重県 四日市市
6月7日(木)~8日(金)

(一社)全日本鍼灸学会主催 第3回JSAM国際シンポジウム

四日市市文化会館 三重県 四日市市
5月27日(日) 平成24年度(一社)愛知県鍼灸専門師会 通常総会・研修会 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館 愛知県 名古屋市
5月13日(日) 第7期経絡治療学会 九州支部 研修会 福岡市鍼灸師会館 福岡県 福岡市
3月24日(土)~25日(日) 第27回経絡治療学会 学術大会 東京大会 東京有明医療大学 東京都 江東区
3月11日(日) 第7期経絡治療学会 九州支部 研修会 福岡市鍼灸師会館 福岡県 福岡市
2月26日(日) (公社)日本鍼灸師会主催・(一社)岐阜県鍼灸師会後援 介護予防運動指導員 スキルアップ研修会 じゅうろくプラザ 岐阜県 岐阜市
2月12日(日) (一社)愛知県鍼灸専門師会・(一社)全日本鍼灸学会・愛知県三市合同鍼灸師会共催 研修会 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館
愛知県 名古屋市
1月29日(日) (一社)愛知県鍼灸専門師会・(一社)全日本鍼灸学会・愛知県三市合同鍼灸師会共催 研修会 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館 愛知県 名古屋市
1月15日(日) 山岸 秀匡選手 凱旋帰国セミナー  BODYBUILDING GYM&DANCE STUDIO OSSU!! 愛知県 名古屋市

2011年

履修年月日 学会・研修会名称 会場 開催地
12月11日(日) (一社)岐阜県鍼灸師会主催・(公社)日本鍼灸師会後援 介護予防運動講座スキルアップセミナー 岐阜市文化センター 岐阜県 岐阜市
11月23日(水) (公社)日本鍼灸師会主催 第2回臨床鍼灸スポーツフォーラム in名古屋 名古屋国際会議場 愛知県 名古屋市
9月11日(日) (一社)三重県鍼灸師会主催 第46回愛知・岐阜・三重三県合同 鍼灸研修会 ロワジールホテル四日市 三重県 四日市市
8月20日(土)~21日(日) 特定非営利活動法人NSCAジャパン CSCS受験対策講座 京都文教短期大学 京都府 宇治市
7月10日(日) 第6期経絡治療学会 九州支部 研修会 福岡市鍼灸師会館 福岡県 福岡市
6月19日(日) (一社)全日本鍼灸学会 第60回学術大会 共催 日本伝統鍼灸学会 第39回学術大会 東京有明医療大学 東京都 江東区
5月22日(日) 平成23年度(一社)愛知県鍼灸専門師会 通常総会・研修会 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館 愛知県 名古屋市
5月8日(日) (一社)全日本鍼灸学会 中部支部 研修会 JICA中部 なごや地球ひろば 愛知県 名古屋市
 4月3日(日) 第21回(公社)日本鍼灸師会 介護予防運動指導員 養成講座 大阪府鍼灸師会館 大阪府 大阪市
 3月20日(日)~21日(月) 第21回(公社)日本鍼灸師会 介護予防運動指導員 養成講座 明治東洋医学院専門学校 大阪府 吹田市
 3月13日(日) 愛知県三市合同鍼灸師会 第1回市民健康づくり講演会 暮らしの中の東洋医学 犬山国際観光センター フロイデホール 愛知県 犬山市
2月20日(日) 第21回(公社)日本鍼灸師会 介護予防運動指導員 養成講座 明治東洋医学院専門学校 大阪府 吹田市
2月13日(日) (公社)日本鍼灸師会主催 第1回臨床鍼灸スポーツフォーラム 名古屋国際会議場 愛知県 名古屋市
1月30日(日) 日本赤十字社主催 赤十字救急法基礎講習・小児の心肺蘇生法講習 静岡県沼津赤十字血液センター 静岡県 沼津市

2010年

 

履修年月日 学会・研修会名称 会場 開催地
12月5日(日) (一社)日本治療家連盟主催 フォローアップセミナー 東桜会館 愛知県 名古屋市
12月2日(木) Club JOY主催 セラピストが現場で使えるNLP!初めてのうつに効く!NLP神経言語プログラミング体感講座 Club JOYセミナールーム名駅 愛知県 名古屋市
10月30日(土)~31日(日) 第38回日本伝統鍼灸学会 学術大会 福岡大会 アクロス福岡 福岡県 福岡市
8月29日(日) (一社)全日本鍼灸学会 第28回中部支部学術集会 静岡県コンベンションアーツセンター 静岡県 静岡市
7月25日(日) (一社)岐阜県鍼灸師会主催 三県(愛知三重岐阜)合同 鍼灸研修会

ホテルグランヴェール岐山

岐阜県 岐阜市
7月18日(日) 愛知県鍼灸学会 産婦人科疾患研究部会認定 研修講座 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館 愛知県 名古屋市
       
       

 

ご予約優先  052-761-9780