【学会・研修会等履修記録】

2018年

履修年月日

学会・研修会名称

会場

開催地

9月29日(土)~30日(日)

(公社)日本鍼灸師会 平成30年度 スポーツ鍼灸トレーナー実地研修会(松本マラソン) 信州健康ランド

長野県塩尻市

9月16日(日)~17日(土)

(公社)日本鍼灸師会 第2回医療連携研修講座 日本鍼灸理療専門学校

東京都渋谷区

9月9日(日)

(一社)愛知県鍼灸師会主催 『スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知』事前研修会 松浦経営会計センター

愛知県名古屋市

7月22日(日)

(一社)愛知県鍼灸師会主催第58回愛知県鍼灸研修会 ウィルあいち

愛知県名古屋市

7月15日(日)

第29回(研究後第14回)名大総診統合ヘルスケア外来研究会 名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟

愛知県名古屋市

6月30日(土)

2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知 第1回ボランティアリーダー研修会 愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパス

愛知県名古屋市

6月10日(日)

平成30年度(公社)日本鍼灸師会 定時代議員総会 笹川記念会館

東京都港区

6月2日(土)~3日(日) 第67回(公社)全日本鍼灸学会学術大会大阪大会 健康・長寿を支える鍼灸学-新たなるエビデンスとナラティブへの挑戦- ハイアットリージェンシー大阪、森ノ宮医療大学

大阪府大阪市

5月27日(日) (一社)愛知県鍼灸師会主催第57回愛知県鍼灸研修会、平成30年度(一社)愛知県鍼灸師会通常総会 北名古屋市コミュニティセンター 愛知県北名古屋市
4月15日(日) 第28回(研究後第13回)名大総診統合ヘルスケア外来研究会 名古屋大学大学院医学系研究科基礎医学研究棟 愛知県名古屋市
3月18日(日) (一社)愛知県鍼灸師会 第56回愛知県鍼灸研修会「第5回フィジカルアセスメント講習会」 ウィルあいち 愛知県名古屋市

 

<(一社)愛知県鍼灸師会 第2回受領委任講習会の運営並びに参加報告2018.10.7>

(松浦経営会計センターにて)
(松浦経営会計センターにて)

  (一社)愛知県鍼灸師会 第2回受領委任講習会の運営並びに参加をいたしました。

 

 (一社)愛知県鍼灸師会理事 保険部長 廣畑先生より、受領委任制度申請書類の書き方について(①確約書、②施術所の申出書、③開設届け、④免許証のコピー)、受領委任制度に伴う変更点について(①新同意書、②同意期間の変更、③文書による再同意、④施術報告書交付料)、その他(①委任の開始時期について、②受領委任契約者の公示について)につきましてご説明がされました。

 

 参加者より疑問点につきまして、多くの質疑応答がされました。

 

移行に伴い、お間違いのございませんようどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年10月7日(日) 松浦経営会計センターにて

<(公社)日本鍼灸師会 平成30年度 スポーツ鍼灸トレーナー実地研修会(松本マラソン) の運営並びに参加報告2018.9.29~30>

(信州健康ランドにて)
(信州健康ランドにて)

 (公社)日本鍼灸師会 平成30年度 スポーツ鍼灸トレーナー実地研修会(松本マラソン) の運営並びに参加をいたしました。

 

 小峰 拓也先生「埼玉ラグビーにおける鍼灸ケア活動」(報告)、全日本鍼灸学会スポーツ委員会委員長 呉竹学園 東洋医学臨床研究所所長補佐 医学博士 金子 泰久先生「マラソン競技における腰下肢のスポーツ障害への鍼灸治療」(教育講演)、信州大学 学術研究院医学系 特任教授 医学博士 能勢 博先生「熱中症の原因と対策」(特別講演)、長野県針灸師会副会長 長野冬季オリンピック軽井沢会場責任者 大窪 隆人先生「痛みに効かせる鍼 効かせるツボと効かないツボ」(実技講演)をご講演いただきました。

 

 「報告」では、埼玉県におけるラグビーの鍼灸ケア活動についてご報告をいただきました。埼玉ラグビーの実際の現場での活動をお伝えいただきました。

 

「教育講演」では、フルマラソン出場までの練習、ランナーに多い疾患・愁訴と評価、ランナーに多く用いる経穴について実技を交えて、ご講演いただきました。

 

「特別講演」では、熱中症のメカニズム、血液量を増やすには、インターバル速足トレーニングについて、分子生物学的裏付け、国外の評価、将来展望などについてご講演いただきました。

 

「実技講演」では、現場における効果的な取穴方と刺激量の優しい刺鍼法を実演いただきました。

 

 30日(日)の実技及び松本マラソンでの実地研修は、あいにくの台風の影響のため残念ながら大会が中止となりました。

 

この実地研修会のため長野県針灸師会のスタッフの先生方には、大変ご尽力いただきまして、心より感謝しております。

 

全国の指導者の先生方におかれましては、悪天候にもかかわらずご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

 

これからの各都道府県でのご活動、そして、鍼灸臨床に生かしていただければ幸いと存じます。

 

2018年9月29日(土)~30日(日) 信州健康ランドにて

<(公社)日本鍼灸師会 第2回医療連携研修講座参加報告2018.9.16~17>

(日本鍼灸理療専門学校にて)
(日本鍼灸理療専門学校にて)

 (公社)日本鍼灸師会 第2回医療連携研修講座に、(一社)愛知県鍼灸師会の代表として参加をいたしました。

 

 医療機関および地域ケア・チームとの連携、医師への依頼書・報告書の書き方、モデル症例による依頼状・報告書の書き方のワークショップなど、医療連携についてとても学びの多い内容でした。

 

 医師・行政・介護の講師から鍼灸師に望むことについてご講演がありました。多職種の方からみると、鍼灸師についてはまだまだ分からない部分がたくさんあるとの事でした。今後、鍼灸師をより知っていただくためには、医療連携がとても重要になってきます。そして、医療連携を行うためには、資質の向上が必要です。例えば、鑑別能力をつけるためには、病態生理学の知識も必要になります。

 

 (公社)日本鍼灸師会 研修委員長で(公社)全日本鍼灸学会 監事の津田 昌樹先生からは、「鍼灸師としてのプロフェッショナリズム」についてご講演がありました。他者のための奉仕を目指す職業であること、能力の維持向上に生涯務めること、後進の育成に責任を持つこと、職場を超えた同職者による組織を形成すること等々がプロフェッション(専門家)の特性であるということです。そういった専門職のあり方であるプロフェッショナリズムが基礎にあったうえで、社会から求められる鍼灸師、医療連携の信頼に足る鍼灸師となるという内容でありました。

 

 これから、ますます鍼灸が医療として、多職種との連携が求められてきます。

患者の健康を守る医療の一員として、今後、鍼灸師が学ぶべきことは多いのではないでしょうか。

 

2018年9月16日(日)〜17(月祝) 日本鍼灸理療専門学校にて

<(一社)愛知県鍼灸師会主催 『スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知』事前研修会の講師、運営、参加報告 2018.9.9>

(松浦経営会計センターにて)
(松浦経営会計センターにて)

 (一社)愛知県鍼灸師会主催 『スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知』事前研修会の講師、運営、参加をいたしました。

 

 第1講では、株式会社ニトムズ 塗木 覚人先生「スポーツ傷害におけるキネシオロジーテーピングの実際」をご講演並びに実技をご披露いただきました。

 キネシオロジーテーピングを使った、捻挫などの足関節テープ、ジャンパーズニーやオスグッドなどの膝関節テープ、野球肩・水泳肩などの肩関節テープ、さらには、エエコノミー症候群の腓腹筋テープなどをご披露いただきました。

 参加者は、ペアになり、テーピング練習を行いました。

 

 第2講では、「カルテの書き方・アスリートへの対応について」を私が講義をさせていただきました。本会作成の「スペシャルオリンピックス専用カルテ」の書き方についてご説明させていただきました。

 そして、スポーツ大会におけるコンディショニングで最も大切なことは、アスリートのパフォーマンスを上げることは勿論ですが、レッドカード(適応外疾患)の見極めです。したがって、SOにおけるリスク対応についてお話させていただきました。

 また、症例を元に、現場での対応についてグループワークを通して、参加者で協議していただきました。

 

 第3講では、(一社)愛知県鍼灸師会理事 高橋 日出子先生「かっさボードの実技講習」をご披露していただきました。

 知的障がいの人が、安心して受けられるように、注意点を含めて、施術の流れをご披露いただきました。

 

 第4講では、スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・愛知 事務局長 八塚 奈保子先生「知的障がいのある人との接し方」をご講演いただきました。

 障がいをどうとらえるか、知的障がいとは、知的障がいの特徴、関連する障がい、具体的な支援の方法、プログラムでの注意事項などについてお話いただきました。

 

 9月22日(土)~24日(月祝)開催の『スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知』に向けて、アスリートへのサポートができるようがんばってまいりいたいと思います。

 

2018年9月9日(日) 松浦経営会計センターにて

<(一社)愛知県鍼灸師会 第58回愛知県鍼灸研修会の講師、運営、参加報告 2018.7.22>

(ウィルあいちにて)
(ウィルあいちにて)

 (一社)愛知県鍼灸師会主催 第58回愛知県鍼灸研修会の講師、運営、参加をいたしました。

 

 第1講では、(一社)愛知県鍼灸師会 保険部長 廣畑 守先生「保険取扱い講習会~受領委任に向けての講習~」をご講演いただきました。新料金・新用紙について、受領委任について、受領委任に関する提出書類について、経過報告書についてご講演いただきました。保険の新改訂に伴い、必要な手続きとなります。

 次回、受領委任説明会は、10月7日(日)に開催予定です。

 

 第2講では、「平成30年度スポーツ鍼灸トレーナー活動について」を私が講義をさせていただきました。(一社)愛知県鍼灸師会のスポーツ・ボランティア活動の紹介や今年度の活動である「2018年第7回スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・愛知」等のスポーツ活動について、(公社)日本鍼灸師会が進めている「2020東京オリンピック・パラリンピック」等のスポーツ活動、そして、「スポーツ鍼灸トレーナー」制度についてお伝えさせていただきました。

 「2018年第7回スペシャルオリンピックス日本 夏季ナショナルゲーム・愛知」事前研修会は、9月9日(日)に開催予定です。

 

 酷暑の中、ご参加いただきました先生方に、心より感謝申し上げます。

 

 同日に同会場で、「第6回愛知県クラシックボディビル選手権大会、第8回チャレンジクラスボディビル選手権大会、第1回愛知県フィットネスビキニ選手権大会」が開催されていて、会場受付まで行ってきました166.png101.png

 

2018年7月22日(日) ウィルあいちにて

<2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知 第1回ボランティアリーダー研修会報告 2018.6.30>

(愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパスにて)
(愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパスにて)

 2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知 第1回ボランティアリーダー研修会に、(一社)愛知県鍼灸師会として参加いたしました。

 

 1968年、故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライバーが、知的障がいのある方々に、スポーツを通じ社会参加を応援する「スペシャルオリンピックス」を設立しました。そのユニス・ケネディ・シュライバーの姉のローズマリーに知的障がいがあり、自宅の庭で大会を始めたのが最初と言われています。

 

 スペシャルオリンピックスにとっての競技会は、トレーニングの成果をルールに従って発表し、参加者全員のがんばりを認め合う場です。

そして、大会に限らず、日常的なスポーツトレーニングから世界大会まで年間を通して、世界中で行われています。

 

 スポーツを通して、仲間との絆を深めながら成長を育むとてもすばらしい活動であると感じました。

 

2018年6月30日(土) 愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパスにて

<平成30年度(公社)日本鍼灸師会 定時代議員総会報告 2018.6.10>

(笹川記念会館にて)
(笹川記念会館にて)

 平成30年度(公社)日本鍼灸師会 定時代議員総会が開催され運営ならびに出席いたしました。

 

 平成29年度事業報告の件、平成29年度事業報告の附属明細書の件、平成30年度運営方針・事業計画及び収支予算の件、平成30年度資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類の件、伝統医療振興基本法の制定の件、事務所移転の件等につきまして報告がされました。

 

 そして、平成29年度貸借対照表の件、平成29年度損益計算書の件、平成29年度貸借対照表及び損益計算書の附属明細書の件、平成29年度財産目録の件につきましてご承認をいただきました。

 

 それから、各都道府県の代議員からの質問につきまして回答がなされました。

 

2018年6月10日(日) 笹川記念会館にて

<第67回(公社)全日本鍼灸学会学術大会大阪大会 健康・長寿を支える鍼灸学-新たなるエビデンスとナラティブへの挑戦-参加報告 2018.6.2~3>

(ハイアットリージェンシー大阪、森ノ宮医療大学にて)
(ハイアットリージェンシー大阪、森ノ宮医療大学にて)

 第67回(公社)全日本鍼灸学会学術大会大阪大会 健康・長寿を支える鍼灸学−新たなるエビデンスとナラティブへの挑戦−に参加いたしました。

 

 鍼灸の臨床・研究についてたくさんの学びがありました。基礎研究に取り組むべき時が来たかも!!

 

2018年6月2日(土)〜3日(日) ハイアットリージェンシー大阪、森ノ宮医療大学にて

<フィジカルアセスメント講習会修了報告 2018.5.27>

 2017年度(一社)愛知県鍼灸師会「フィジカルアセスメント修了証書」をいただきました。

 

2018年5月27日(日)

<(一社)愛知県鍼灸師会 第57回愛知県鍼灸研修会報告 2018.5.27>

(北名古屋市コミュニティセンターにて)
(北名古屋市コミュニティセンターにて)

(一社)愛知県鍼灸師会 第57回愛知県鍼灸研修会「明日からの臨床にスグ生かせる『鍼灸師の為の臨床セミナー』第3弾!」の運営並びに参加をいたしました。

 

四日市羽津医療センター検査科主任 服部 順一先生「検査の実際~超音波検査を中心に~」(第1講)、経絡治療学会東海支部講師 藤井 さより先生「妊産婦に対する鍼灸治療」(第2講)をご講演いただきました。

 

第1講では、検査の種類、超音波検査のいろいろ、頸動脈エコー検査で何が分かる、動脈硬化症をくいとめるには、甲状腺検査でエコー検査の他に必要なこと、乳腺エコー検査、心臓超音波検査でわかる病気、腹部超音波検査で何がわかるのか等につきましてご講演いただきました。

 

第2講では、妊産婦とは、妊婦がどのような症状の改善を求めて鍼灸治療を受けたいかの割合、通常の鍼灸治療の問診以外で留意する点、経絡治療、妊産婦の治療例(1)逆子(2)つわり(3)子宮内胎児発育遅延(4)陣痛促進(5)乳汁分泌不足などにつきまして、ご講演と実技をご披露いただきました。

 

そして、平成29年度年5回に渡り開催されました「フィジカルアセスメント講習会」の必須単位を取得された会員には、「フィジカルアセスメント修了証書」の授与がされました。

 

また、9月22~24日に開催される「2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知」ボランティアについての第1回準備会議を行いました。

 

ご参加いただきました先生方におかれましては、これからの鍼灸臨床に生かしていただければ幸いと存じます。

 

2018年5月27日(日) 北名古屋市コミュニティセンターにて

<平成30年度(一社)愛知県鍼灸師会通常総会報告 2018.5.27>

(北名古屋市コミュニティセンターにて)
(北名古屋市コミュニティセンターにて)

平成30年度(一社)愛知県鍼灸師会通常総会が開催され運営ならびに出席いたしました。

 

本会顧問の参議院議員 大塚 耕平先生、参議院議員 伊藤 孝恵先生、衆議院議員 古川 元久先生 秘書 花井 孝之様より来賓のご挨拶をいただきました。

 

総会では、庶務報告、各職務報告、平成29年度本会計収支決算報告ならびに監査報告、平成30年度事業計画(案)および予算(案)等々の議案についてご承認をいただきました。

今年度は、役員改選があり、引き続き、「副会長・組織部長」を拝命いたしました。今期もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2018年5月27日(日) 北名古屋市コミュニティセンターにて

(一社)愛知県鍼灸師会 第56回愛知県鍼灸研修会「第5回フィジカルアセスメント講習会」の運営並びに参加 2018.3.18

(ウィルあいちにて)
(ウィルあいちにて)

(一社)愛知県鍼灸師会 第56回愛知県鍼灸研修会「第5回フィジカルアセスメント講習会」の運営並びに参加をいたしました。暖かい陽気となり、きれいな桜が咲き始めました。

 

名古屋大学医学部非常勤講師 名古屋医療センター非常勤医師 吉田 統彦先生「フィジカルアセスメントの復習」(第1講)、(公社)日本鍼灸師会 業務執行理事 東京オリンピック・パラリンピック委員長、(一社)長野県針灸師会 会長 安田 政寛先生「フィジカルアセスメントと鍼灸師〜鍼灸師がフィジカルアセスメントをいかに活用するか〜」(第2講)、そして、女性部会では、銀座滋林鍼灸治療院 院長 ハイ ジュンヨン先生「美容鍼灸について」をご講演いただきました。

 

第1講では、聴診器での心音、肺音、腸音について、打診(腎結石)、触診(できもの、腹部、腹水、虫垂炎)、瞳孔、眼振、腱反射、意識確認方法、問診、肩関節周囲炎、脳梗塞、めまい、圧迫骨折、眼瞼痙攣など、フィジカルアセスメントにつきまして実演を交えて、ご講演いただきました。

 

第2講では、医療業界の時流から、なぜ、鍼灸師にフィジカルアセスメントが必要かについて、ご講演いただきました。脈拍、呼吸、触診、聴診や脳神経・目・眼底・聴力・乳房のアセスメントについて、そして、スポーツ現場、災害現場、過疎地域などにおいての医療連携についてご講演いただきました。

 

女性部会では、ハイ先生の開発されたゴールド鍼灸による美容鍼について、師匠である104歳の韓国の現役鍼灸師 キム ナンス先生の鍼灸治療についてお話いただきました。キム ナンス先生は、2014年10月号の医道の日本社の記事で紹介されています。

 

今後ますます鍼灸師は、医療連携が必要とされています。ご参加いただきました先生方におかれましては、これからの鍼灸臨床に活かしていただければ幸いと存じます。

 

2018年3月18日(日) ウィルあいちにて


ご予約優先 052-761-9780