新型コロナウイルス感染予防対策

〈 コロナウイルスとは 〉

 一般的な風邪の原因となるコロナウイルス科に属するウイルスであり、風邪の他にSARSやMERSなどの重篤な疾患までの呼吸器感染症を引き起こすことが知られています。

 

 コロナウイルスの由来は、突起状に生えたタンパク質から見た形が太陽の姿と似ているからとされており、遺伝子情報を守るように表面に「エンベロープ」と言われている脂質の被膜と物質にくっつくためのスパイクのような突起状のタンパク質が存在していることも特徴です。

 

 WHOのホームページによると、新型コロナウイルスは2019年12月に中国の武漢での発生が確認されるまで発見されていませんでした。これまでの感染者の情報などから新型コロナウイルスに感染すると現れる症状もわかってきています。

 

 

〈 なぜ、新型コロナウイルス感染防止に3密と手洗いが有効なのか? 〉

 厚労省のホームページによれば、一般的な状況における感染経路は飛沫感染と接触感染とに分けられるとあります。コロナウイルスは、スパイクのようなタンパク質が皮膚表面や粘膜にくっつくことで細胞内への感染が起こるといわれています。

 

 感染者のくしゃみや咳にウイルスが存在すると、近くにいる人や同じ空間に存在する人への感染率が高まると考えられます。このことからも飛沫感染の予防には密を避けることが重要です。

 

 また、感染者がくしゃみや咳を手で押さえたあと、その手で物に触れた場合、感染者がその場を離れたとしても、他の人がそこに触れるとウイルスが付着し、その手で目、鼻、口を触れば、粘膜から細胞へ感染してしまう可能性が大きくなるといわれています。

 

 現段階までの新型コロナウイルスの調査研究で、種類別で物質表面にどのくらいの時間残存するのかがわかってきています。感染力は時間経過と共に減少していくことも同時に報告されてはいるが、日常生活でも使う頻度が高い物というだけに注意が必要です。

 

〈 新型コロナウイルスが物質表面に付着していた場合そこからの感染を防ぐにはどうしたらよいか? 〉

 

 

新型コロナウイルスは、脂質の膜がウイルス表面を覆っており、エタノールなどのアルコールで溶けることがこれまでのウイルス研究で分かっています。

 

油がついた食器を洗う時に洗剤を使って洗い流すように、手を洗う時は、流水だけでなく石鹸を使い、手指から手首まで隅々まで丁寧に洗いましょう。手を洗えない場合は、アルコール消毒をしましょう。そして、物質には、塩化ベンザルコニウムや次亜塩素酸ナトリウムなどでウイルスの活性化を防ぐことが有効といわれています


感染症に負けないための身体の自己防衛システム「免疫」

 細菌やウイルスが身体の中に侵入し感染してしまったとき、身体を守るために働くのが『免疫』であり、複数ある免疫細胞が協力して身体を守っています。新型コロナウイルスと戦っていく中で、この『免疫』は重要なポイントであるといえます。しかし、この免疫力は人によって違いがあるといわれ、風邪を引いても人によって症状に違いがあるのはこの免疫力の違いによるものと考えられます。

 

免疫力はストレスに弱く、過剰にストレスがかかったり、生活習慣が安定しないと自律神経が乱れてしまい免疫システムが正常に働かなくなってしまうといわれています。

 

鍼灸は免疫力を高めることでも注目されてきています。

 

 これまでの鍼灸の研究では、ストレスによる免疫力抑制効果を防ぐことが示唆された研究、そして、リラックス効果や心の落ち着きに関与するといわれているセロトニンの分泌を増加させたという報告もあります。

 

〈 日常生活を過ごす中で自律神経の働きを安定させ免疫力を上げるためにも生活習慣を見直すことも大切です 〉

 



ご来院時のお願い

■予約優先制となっておりますので、事前にご予約をお願いします。

 

■初診時には問診用紙を記入していただくため、10分前にお越しください。

  

■再来患者様は、ご予約の5分前にお越しください。

 

■食事や入浴、運動は治療前後30分以上空けてください。

   

■楽な服装でお越しください。当院では、お着替えをご用意しておりますが、お持ちいただく場合は、ももまで上げられるパンツと半袖のTシャツをご用意ください。

 

■キャンセルされる場合はご連絡をお願いします。

 

ご予約優先 052-761-9780