男性更年期障害

男性更年期とは、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因です。年をとるにつれて、40代後半あたりから減少していきます。もちろん男性ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量の減少の仕方も人それぞれです。

男性更年期の症状も女性と同じ様に、動悸・頭痛・発汗・ホテリ・のぼせ・手足のしびれなどが現れる。倦怠感や無気力・不眠・うつなどの全身症状や精神症状のほか、自律神経失調症状も加わります。

男性ホルモン低下の原因は、加齢、ストレスであるといわれています。