逆子

妊娠28週までは、赤ちゃんは羊水の中で活発に動いているため50%の赤ちゃんは骨盤位(逆子)とも言われています。しかし妊娠後期になると、赤ちゃんが次第に大きくなってきて、一番重く大きい頭を産道に向けお産に向かってその胎位を安定させてきます。しかし、それを阻害する素因として母体の冷えや疲労による 臍帯血流の低下、子宮壁の張りなどにより胎児の胎動頻度の低下などによって、なかなか頭を下にできないお子さんがいらっしゃいます。これら母体の症状をマタニティ鍼灸治療で改善する事で、逆子の状態を改善する事が可能です。


症例


逆子

40代 主婦
40代 主婦

主訴 逆子。
妊娠30週から逆子。逆子体操とヨガをやっているが返らない。

 

随伴症状: 肩こり。腰痛。便秘。


治療方針と経過

1回目(妊娠30週)>鍼灸治療後、肩こり、腰痛が楽になった。
2回目(妊娠32週)>病院の検査結果はまだ逆子。
3回目(妊娠32週)>夕方になるとお腹が張る。
4回目(妊娠32週)
5回目(妊娠33週)>鍼灸治療やると身体が楽になる。
6回目(妊娠34週)>鍼灸治療後は毎回便秘が良くなる。 
7回目(妊娠35週)
8回目(妊娠35週)>夕方はお腹が張るが夜に張りはない。
9回目(妊娠35週)
10回目(妊娠35週)>検査前日。夕方はお腹が張るが夜に張りはない。
11回目(妊娠35週)>検査結果は逆子が返っていた。

妊婦さんは身体が疲れるので肩こり、腰痛緩和のメンテナンスのため
治療を継続して行い、出産まで逆子にならなかった。

出産後の体力回復やホルモンバランスの調整のために治療継続。


患者さまの声


35歳 会社員
35歳 会社員

逆子

28週ごろ逆子になり、病院で体操などを教えていただいていましたが、お腹が張ることが多かったため、体操はほとんどできませんでした。30週のときに治療を初めて治療を受けました。

治療後すぐに身体が楽になったのを実感しました。

35週の検診で正常に戻っていることがわかりました。

逆子体操などもしていなかったので、鍼灸の効果にビックリしていました。

 

その後の病院での検診でも特に問題もなく順調に育ち、元気な赤ちゃんを産むことができました。

現在も子どもが風邪、下痢、病後の回復期のときや、私の体質改善でお世話になっております。