<鍼灸の科学的メカニズム>

 

    鍼灸刺激が、人の体にどのように作用しているか科学的な研究が進められています。近年、科学的にわかってきていることについてご紹介します。

鍼鎮痛

(1)内因性痛覚抑制機構

 ◉内因性オピオイド

 

 内因性痛覚抑制機構では、鍼刺激をすると、脳からのβエンドルフィン(視床下部・脳下垂体)、ダイノルフィン(視床下部・脳下垂体)、エンケファリン(大脳基底核を構成している線条体の尾状核や脊髄後角)などの内因性オピオイドが関与して鍼鎮痛を起こしているということがわかってきています。

 


(2)末梢性鎮痛機序

 ◉オピオイド受容体

 ◉アデノシン受容体

 

 末梢性鎮痛機序では、一次求心性感覚神経の末梢側には、オピオイド受容体が発現しており、鍼刺激によって、T細胞やB細胞のような免疫細胞からβエンドルフィンやダイノルフィンが放出されて鎮痛が起こっていることがわかってきています。

 また、鍼刺激によって損傷した組織からATP(アデノシン三リン酸)が漏出し、アデノシンに分解された後、神経終末のA1(エーワン)受容体を介して鎮痛を引き起こしていることが明らかになっています。

 


(3)下行性痛覚抑制系

 ◉セロトニン系

 ◉ノルアドレナリン系

 

 セロトニンやノルアドレナリン作用による下行性痛覚抑制系の賦活によって鎮痛が働くということも考えられています。

 


鍼灸の生体調節機能

(1)自律神経系

 胃結腸運動促進・抑制

 ◉脳・内臓・筋などの臓器血流増加

 

 自律神経系では、下腿にある足三里穴に鍼をすると、副交感神経が興奮し、胃や遠位結腸運動が亢進されますが、腹部(中脘穴・梁門穴・天枢穴)に鍼をすると、交感神経が興奮し、胃機能が抑制されることがわかっています。

 また、脳や内臓・筋などの臓器血流増加の作用があります。

 


(2)内分泌系

 ◉オキシトシンの増加

 

 内分泌系においては、鍼をすると、オキシトシンが増加することが報告されていますが、オキシトシンは、授乳や分娩だけでなく鎮痛や内臓機能の調整、さらには、社会的行動や対人関係、記憶、感情や心理にも影響を与えているのではないかと考えられています。

 


(3)免疫系

 ◉NK細胞の増加・活性の上昇

 ◉サイトカインの増加

 

 免疫系では、NK細胞の増加・活性の上昇、サイトカインの増加が報告されています。

  


(4)情動系

 ◉抗酸化作用

 抗ストレス作用

 

 情動系では、抗酸化作用、抗ストレス作用の報告がされています。

 


 鍼灸研究でわかってきていることについて、一部ご紹介しました。まだ、未開発な部分も多くありますので、今後ますます様々な機序の解明が期待されます。

 


鍼灸適応疾患 【WHO(世界保健機関)】

 近年、科学的な根拠を求める研究が世界的に進められており、鍼灸治療が広く普及しています。

 WHO(世界保健機関)、NIH(米国国立衛生研究所)、BMA(英国医学会)によって鍼灸の有効性が認められており、これら欧米の動きから徐々に鍼灸への注目が広がっています。

 WHOは、鍼灸の有効性を認めた病気として、次のものを挙げています。

 

【神経系疾患】 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】 気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

※上記以外の症状でお困りの方も、お気軽にご相談ください。

 


ご予約優先 052-761-9780