関節リウマチ


30代 女性
30代 女性

主訴 右手甲薬指つけ根辺りが腫れて黒ずんでいる。両手が握りにくい。両足のアキレス腱辺りのこわばり。
両足関節背屈0度でこわばりと突っ張り感。
歩き出すとこわばっているのがわかる。朝両手両足こわばる。
病院でMRI検査、リウマチ検査で異常ないと言われ、リウマチ予備軍検査の結果待ち。

随伴症状 :頚肩こり。今朝左こむら返りで筋肉痛。
既往歴 1ヶ月前に左足アキレス腱炎。

治療方針と経過

1回目>鍼灸治療後、手が握りやすくなった。足関節背屈10度まで動くようになった。歩いてみても両足のアキレス腱辺りのこわばりが楽になった。
2回目(8日目)> 右手甲薬指つけ根の腫れと黒ずみがひいてきた。手が握りやすい。右足アキレス腱辺りのこわばりと痛みがある。足関節背屈0度。鍼灸治療後、右足アキレス腱辺りのこわばりと痛みなし。足関節背屈10度。
3回目(15日目)>病院の検査結果はリウマチ予備軍で治らないと言われた。右手甲薬指つけ根の腫れがほぼ出ていない。皮膚の色もきれい。手を握ることも大分良いがペンを握る時が握りにくい。
4回目(25日目)>頚肩背張り。頭痛。手は握りやすい。右手甲薬指つけ根の腫れは出ていない。足関節のこわばりなし。
5回目(50日目)>右手甲薬指つけ根が少し腫れて黒ずんできた。背腰張り。鍼灸治療後、右手甲薬指つけ根の腫れがひき、色がきれいな肌色になった。

治療継続中。