陣痛促進

出産予定日を1週間~10日過ぎても陣痛が起こらないことがあります。 陣痛が始まり「いよいよ出産か」という状況にも関わらず、なかなか本格的な陣痛に至らないこともあり、 このようなとき、西洋医学では「陣痛促進剤」の使用を考えることになります。

しかし、人工的にホルモン剤を投与して誘発させた陣痛は、自然な子宮収縮に比べて回数も多く、より強烈な痛みになりやすいことが知られています。 激痛のため鎮痛剤が用いられるケースもあるようです。 妊婦さんにとってはもちろんですが、生まれて来る胎児のためにも決して良いことではないでしょう。 鍼灸は、昔から陣痛を促す作用のあることが知られています。 より自然な形でホルモン分泌を促し、陣痛を促しますので妊婦さんや胎児への負担もありません。

症例


陣痛促進

出産予定日を1週間~10日過ぎても陣痛が起こらないことがあります。 陣痛が始まり「いよいよ出産か」という状況にも関わらず、なかなか本格的な陣痛に至らないこともあります。 このようなとき、西洋医学では「陣痛促進剤」の使用を考えることになります。 しかし、人工的にホルモン剤を投与して誘発させた陣痛は、自然な子宮収縮に比べて回数も多く、より強烈な痛みになりやすいことが知られています。 激痛のため鎮痛剤が用いられるケースもあるようです。 妊婦さんにとってはもちろんですが、生まれて来る胎児のためにも決して良いことではないでしょう。 鍼灸は、昔から陣痛を促す作用のあることが知られています。 より自然な形でホルモン分泌を促し、陣痛を促しますので妊婦さんや胎児への負担もありません。


治療方針と経過

出産予定日を1週間~10日過ぎても陣痛が起こらないことがあります。 陣痛が始まり「いよいよ出産か」という状況にも関わらず、なかなか本格的な陣痛に至らないこともあります。 このようなとき、西洋医学では「陣痛促進剤」の使用を考えることになります。

しかし、人工的にホルモン剤を投与して誘発させた陣痛は、自然な子宮収縮に比べて回数も多く、より強烈な痛みになりやすいことが知られています。 激痛のため鎮痛剤が用いられるケースもあるようです。 妊婦さんにとってはもちろんですが、生まれて来る胎児のためにも決して良いことではないでしょう。 鍼灸は、昔から陣痛を促す作用のあることが知られています。 より自然な形でホルモン分泌を促し、陣痛を促しますので妊婦さんや胎児への負担もありません。


患者さまの声


薬に頼らず陣痛が来ました。

妊娠中から鍼灸治療に通っていました。

特に薬も飲まず、とっても順調なほど安産でした。

妊娠への不安は全くなかったのも、妊娠中の体調もよかったためだと思います。




あああ

ああああ。