食欲不振

 食欲がないという症状は、各種の病気に伴って起こる全身症状の一つです。胃の疾患・肝疾患・腎疾患・結核性疾患・熱性疾患などが主な原因といわれていますが、他に精神的原因として恐怖・苦悩・悲哀・憤怒などによっても食欲不振に陥ることがあります。

患者さまの声


63歳 女性
63歳 女性

胃膜内腫瘍

 

平成23年6月、胃痛がひどく、胃カメラで検査の結果、私が素人目に見てもハッキリわかる親指くらいの腫瘍があり、医師からは「『胃膜内腫瘍』です。」と診断されました。

半年後に、もう一度胃カメラの検査をすることになり、12月7日に再検査をしたところ、跡形もなく消えており、検査した医師も診断した医師も、あるはずのものが無くなっていることに頭を抱え、動揺しておられました。もちろんその半年の間に病院からの薬は処方されていません。

一鍼さんで定期的に治療をして頂いていただけです。

その後跡形もなくなったレントゲンの写真を病院からいただきました。