名古屋大学医学部附属病院総合診療科統合ヘルスケアチーム公開RTD(ラウンドテーブル・ディスカッション)出席報告 2016.11.13

(名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館にて)

名古屋大学医学部附属病院総合診療科統合ヘルスケアチーム公開RTD(ラウンドテーブル・ディスカッション)が開催され出席いたしました。2012年より1年8ヶ月にわたり名古屋大学大学院医学系研究科の統合医療研究を経て、研究後も名古屋大学医学部附属病院総合診療科を中心に統合ヘルスケア(統合医療)の実践を行っています。4年に渡り、RTDを行ってきまして、今回初めて公開されることとなりました。統合ヘルスケア(統合医療)とは、医師と患者のコンコーダンスに基づき、西洋医学と補完代替療法とを融合(単なる併用ではない)させた上で最適な治療を行うことであります。最適な治療を最適なタイミングで選択するためにRTDが行われます。今回の公開RTDでは、80名満席の状態で、ご参加いただいた方々の関心の高さを感じました。名大統合ヘルスケアチームのメンバーは、医師、漢方医、鍼灸師、保健師、運動療法士、管理栄養士、臨床心理士、芳香療法士、ヨーガ療法士で構成され、ヒエラルキーはありません。どこへ行っても何をしても改善がみられない難治性患者のために多職種協働連携し、多角的なアプローチを行う統合ヘルスケアは、今後ますます必要とされる医療となると考えられます。私は、鍼灸師(経絡治療)として4年に渡り経験をさせていただきましたことで、多くの学びを得させていただいております。今後も実践を通して、学びを深められるように務めてまいりたいと思います。

2016年11月13日(日) 名古屋大学医学部附属病院 鶴友会館にて

 

ご来院時のお願い

■予約優先制となっておりますので、事前にご予約をお願いします。

■初診時には問診用紙を記入していただくため、10分前にお越しください。

■再来患者様は、ご予約の5分前にお越しください。

■食事や入浴、運動は治療前後30分以上空けてください。

■楽な服装でお越しください。当院では、お着替えをご用意しておりますが、お持ちいただく場合は、ももまで上げられるパンツと半袖のTシャツをご用意ください。

■キャンセルされる場合はご連絡をお願いします。

病院・医院に通院されている方へ

現在、病院・医院などで治療を受けられている方も、一鍼の治療との併行治療をおすすめいたします。

一鍼の治療は、体の負担が少なく自身の持つ治癒能力を高めていく東洋医学的治療です。

病院・医院での治療に良くない影響を与えるものではありませんので、安心してご来院ください。

なお、病院・医院のご紹介状をお持ちの方は、受付にご提出ください。

西洋医学に加えて体に優しい東洋医学を上手に取り入れて、健康管理のために役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ネット予約はこちらから

診療予約

-統合ヘルスケア(統合医療)・医療連携

© 2008 東洋医学総合はりきゅう治療院 一鍼